インバーターの市場規模は2020年128億米ドルの予測 2025年までに265億米ドルへ拡大の見込み 

世界のインバーター市場は、2020年に128億米ドルになると予測されており、2020年から2025年まではCAGR 15.6%で成長し、2025年に265億米ドルに拡大すると予想されています。市場の成長は、再生可能エネルギー部門への大規模な投資と住宅用ソーラールーフトップ設置数の増加によって推進されます。

10 kW未満のセグメントは2019年、最大市場シェアを占有

定格電力が10 kW未満のインバーターは、住宅および商業部門での使用に適しています。住宅用太陽光発電システムは、ほとんどが屋上に設置でされ、固定価格買取およびネットメータリングの利点をもたらします。住宅部門における太陽光発電システムの設置は大幅に増加しており、この傾向は予測期間中も継続すると予測されています。

間接販売チャネルは、直接販売チャネルより大きな市場シェアを占めると予測

インバーターメーカーは、さまざまなエンドユーザーにインバーターソリューションを提供するため、間接販売チャネルまたはサードパーティを採用しています。このため、間接販売チャネル・サードパーティは、インバーター市場で大きなシェアを占めています。市場の主なプレーヤーのほとんどは、安定した販売ネットワークを持ち、製品を提供しています。ソーラーインバーターは、主に住宅や商用のエンドユーザーや太陽光発電所で採用されています。インバーターとソーラーパネルの統合には専門知識を要するため、システムインテグレーターがインストールして保守する必要があります。

Inverter Market

APACはソーラーインバーター市場を支配する見込み

アジア太平洋(APAC)の新興経済国では、産業オートメーションソリューションへの投資の増加、運用および労働力の安全に関する規制の強化、プラントの発電能力の拡大、輸送部門の電化に対する投資の拡大、テクノロジーの進歩による発電所の生産コストと運用コストの削減のための投資の増加などが、ソーラーインバーター市場の成長を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]