DC電源の市場規模、2024年には4億5400万米ドルへ、CAGRも4.7%で成長すると予測

世界のDC電源市場規模は、2019年の3億6,100万米ドルから2024年には4億5,400万米ドルに達し、CAGRは4.7%に成長すると予測されています。市場の成長は、米国やカナダにおける無線通信・インフラ、航空宇宙・防衛部門の成長と、インド、中国、日本における産業用オートメーションや家庭用電化製品部門の需要拡大に起因しています。

自動車部門は、最大のDC電源市場になると予測

市場は用途別に、航空宇宙、防衛・政府サービス、自動車、エネルギー、無線通信・インフラ、その他に分類されています。予測期間中、自動車分野が最大のDC電源市場になると予測されます。

パワーバッテリ試験、燃料電池試験、AC/DC充電ステーション、DC/DCコンバータ試験、車載充電器・充電インターフェース試験、高出力バッテリ試験は、DC電源を使用して行われる車載用電子試験の一部です。

DC電源業界のAC-DC部門は、最も急成長している市場

DC電源市場は、タイプ別にAC-DCとDC-DCに分類されています。AC-DC部門は、最も急速に成長すると推定されています。医療・産業機器の様々な試験・計測用途向けのAC-DC電源の需要が、DC電源市場を牽引すると予想されています。

高出力(100~250kW)部門は、急成長する市場

DC電源市場は、低出力(10kWまで)、中出力(10~100kW)、高出力(100~250kW)など出力電力別に分類されています。高出力(100~250kW)分野は、最速で成長すると予想されています。

高出力電源は、主に自動車試験装置(ATE)、半導体製造、航空宇宙・軍事、エネルギー貯蔵などに使用されるプログラム可能な電源です。これらの高出力電源の特徴は、一貫した制御、広い電圧-電流範囲、高周波数、および強化された設計です。軍事および航空電子工学用途のため、過酷で広範な環境条件で製品テストを実行している点でも、高出力電源の成長を推進することが期待されています。

北米が最大市場になると予測

地域別では、アジア太平洋、欧州、北米、南米、中東・アフリカに分類されており、北米が最大のシェアを占めると予測されています。

また、米国・カナダなどでは、無線通信・インフラおよび航空宇宙・防衛部門が成長しており、この地域のDC電源市場の需要を押し上げる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]