ToFセンサーの市場規模は2020年28億米ドルから2025年69億米ドルへ拡大の予測 スマートフォンが牽引して家電機器用が最大シェア占有の見込み 

ToF(Time-of-Flight)センサー市場は、2020年に28億米ドルに達すると予想され、2025年まではCAGR20.0%で拡大を続け69億米ドル規模へ成長すると予測されています。市場の成長は主に、自動車産業からの需要の増加、スマートフォンでの3Dカメラの採用の増加、そして3Dカメラ搭載のスマートフォンなどの使用の増加に牽引されています。さまざまな産業での3Dマシンビジョンシステムの採用の増加と、Industry 4.0の展開の拡大もまた、ToFセンサー市場の成長に大きな機会をもたらします。

用途別:最大のシェアを維持する3Dイメージング&スキャン

3Dスキャンテクノロジーは、その使いやすさから、今後数年間で需要が増加すると見込まれています。ToFは、他の3Dイメージング手法であるステレオビジョンや構造化ライトよりも高速で、信頼性が高く、電力効率が高い手法です。低コストであることから、3Dイメージングおよびスキャンのアプリケーション向けにToFテクノロジーの需要は増加すると予測されています。

産業別:家庭用電化製品が最大シェア 要因はスマートフォンの需要拡大

ToFセンサーが最も広く採用されているのは、家電部門です。ToFセンサーが搭載されている家電機器には、スマートフォン、カメラ、タブレット、ウェアラブル、スキャナー、商用ドローン、サービスロボットなどがあります。ToFイメージセンサーは、主にスマートフォンやタブレットアプリケーションに採用されています。高い信頼性、低消費電力、低コスト、そして統合のしやすさは、3Dセンシング技術を家庭用電化製品に統合する要因となっています。これらの家庭用電化製品の需要が高くなることで、ToFセンサーの需要も増加しています。結果として、ToFテクノロジーのさらなる進歩が促進されます。 

Time-of-Flight (ToF) Sensor Market

地域別:APAC市場が大きく成長すると予測

APACのToFセンサー市場は、急速な工業化と成長により、予測期間中に最高のCAGRで成長すると予測されています。低コストの労働力を簡単に利用できるため、この地域ではさまざまな電子部品やデバイスの製造が増加しています。その結果、APACは世界の製造ハブとして台頭すると予想されています。この地域の製造産業でのモニタリングおよび検査アプリケーション向けのToFセンサーの需要の増加が見込まれています。


本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]