ワイヤレスオーディオデバイスの市場規模、2025年まで1342億米ドルに成長、CAGRも18.6%を記録する見込み

ワイヤレスオーディオデバイスの市場規模は、2020年の573億米ドルから2025年には1342億米ドルに達し、CAGR18.6%で成長すると予測されています。インフォテインメント(情報と娯楽の提供)機器の世界的な需要の急増、商業部門でのワイヤレスオーディオ機器の増加、高度なワイヤレスオーディオ機器開発のためのOEMによる研究開発費の増加などの要因が、市場の成長を後押ししています。

Bluetooth+Wi-Fi部門は、最も高いCAGRで成長すると予測

Wi-Fi技術とBluetooth技術を1つのICに統合することで、費用対効果の高いコンパクトなワイヤレスオーディオデバイスの開発が可能になります。消費者は、スマートフォンからさまざまなデバイスへの途切れない接続を求めています。Bluetooth、GPS(全地球測位システム)、Wi-Fiなどの技術は、高速な接続を提供することで、スマートフォンの実用性を高めています。そのため、メーカーはこれらの接続技術を搭載して、コンパクトでコスト効率の高いスマートフォンを開発しています。

APAC(アジア太平洋地域)のコンシューマーアプリケーション部門は、最速のCAGRで成長する

ヘッドフォンやヘッドセットなどのワイヤレスオーディオデバイスは、スマートフォン、コンピュータ、ゲーム機などの家電製品で使用されています。技術的に進歩したスマートフォンの使用が増加していることから、APACではワイヤレスヘッドフォンやヘッドセットの需要が増加しています。これらのスマートフォンは、スピーカーシステムやサウンドバーを介してワイヤレスで音楽を再生することも可能です。

インドは金額ベースで最高のCAGRで成長する

インドの家電部門は、ここ数年で大幅な成長を遂げています。この部門はインド経済において重要な役割を果たしており、全人口の多くに雇用を提供しています。個人所得水準の上昇、海外からの直接投資の増加、Make in Indiaイニシアティブによる政府の後押しが、インドの家電機器部門の成長を促進し、ワイヤレスオーディオ機器市場の成長につながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]