カロテノイドの市場規模、2026年までに20億米ドルへ成長、CAGR も4.2%を記録する見込み

カロテノイド市場は、2019年の15億米ドルから2026年には20億米ドルに達し、4.2%のCAGRを記録すると予測されています。これは、食品着色料としての天然カロテノイドの使用の増加とカロテノイドの抽出技術の革新に起因しています。

ルテインは最速で成長する

種類別では、ルテインは、金額ベースで最も高いCAGRで成長すると予測されています。ルテインは植物によって合成され、卵黄、ニンジン、ホウレンソウ、ケール、カボチャ、ブドウ、ピーマンなどの主要な食品に含まれています。人間と動物双方の栄養製品として使用され、特に白内障や黄斑変性症などの加齢に伴う眼疾患の治療薬として需要を牽引しています。

用途別では、飼料分野が最大のシェアを占める

カロテノイドは、その発色性から動物用栄養剤に広く利用されており、卵黄、ブロイラーの皮、魚類、甲殻類の色素用途で飼料に配合されています。また、これらは栄養価を高めることで免疫力を上げ、家畜の健康増進にも役立っています。β-カロチンは牛、豚、馬の繁殖力を向上させ、アスタキサンチン、カンタキサンチンはサケや幼魚の成長を促進します。

ビーズレット部門は市場を支配する

製剤別では、2019年のカロテノイド市場はビーズレット部門が独占すると推定されています。カロテノイドビーズレットは、噴霧乾燥技術から開発された流動性のある球状粒子です。通常アルミホイルバッグに詰められ、直射日光、酸素、熱から隔離された涼しく乾燥した場所に保管されます。ビーズレット製剤を使用する他の主な利点としては、安定性、冷水分散性、保存性の向上などが挙げられます。

欧州が最大のシェアを占める

欧州市場は、Koninklijke DSM(オランダ)、BASF(ドイツ)、Chr.Hansen(デンマーク)、Dohler Group(ドイツ)などの大手メーカーの存在により、2018年のシェアは最大となりました。また、高齢化社会の到来に伴い、白内障や糖尿病、がんやその他心臓疾患のリスクを軽減するルテイン、リコピン、βカロチンの需要が急増しています。市場では合成カロテノイドが高いシェアを占めていますが、消費者は天然でクリーンラベルの製品を好む傾向があり、この地域の天然由来カロテノイド市場の成長を牽引すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]