磁気分離機の市場規模、2025年には9億2,400万米ドルへ、CAGRも5.1%で成長すると予測

世界の磁気分離機市場は、2020年の7億2500万米ドルから2025年には9億2800万米ドルに達し、CAGR5.1%で成長すると予測されています。世界的なリサイクルへの関心の高まりが、市場の成長を牽引する主な要因の一つです。発展途上国の拡大と都市化、食品・飲料業界の品質に関する厳しい規則などが市場成長の原動力となっています。

市場を支配する機器の種類

装置タイプでは、磁気分離装置が2020年に世界シェアの大部分を占め、市場を独占すると予測されています。このタイプの磁気分離機には、ドラム、オーバーバンド、ローラー、渦電流分離器などがあります。鉱業、リサイクル、セラミックス、紙、プラスチックなどの産業の利用が増加していることから、需要が増すと予測されています。オーバーバンド型磁気分離機は、材料から大量の鉄粒子を除去するのに適しており、リサイクルや鉱業などの産業で需要が増加しているため、最速で成長すると予想されています。

自動洗浄式が市場を支配する

自動洗浄型磁気分離機は、セルフクリーニング型とも呼ばれ、磁気分離機の洗浄作業の省力化に貢献することから需要が見込まれます。このタイプは人手を必要としないため、全自動の生産ラインに設置することができ、生産工程の効率化を図ることが可能です。また、金属汚染物質を自動的に除去するため、安全性が高いこともメリットです。これらの要因により、市場を牽引することが期待されています。

最高のCAGRで成長する食品・飲料業界

食品・飲料業界は、米国の食品医薬品局(FDA)と欧州の欧州食品安全庁(EFSA)によって規制されています。FDAとEFSAは、設備で使用される機器と食品の生産に関連する厳しい規則を制定しています。磁気分離機は、健康に悪影響を与える鉄汚染物質を、食品から除去するのに役立ち、食品・飲料業界では不可欠です。人口増に伴う食品消費量の増加に加え、製品の品質向上を目的とした食品当局の新しい規則や法律(食品安全近代化法など)の制定により、この業界の需要は拡大すると予想されています。

アジア太平洋地域は磁気分離機市場を支配する

2020年から2025年の間、アジア太平洋地域(APAC)は世界の分離機市場をリードし続けると思われます。医薬品、衛生的な食品、飲料の需要の増加、および同地域のリサイクル率向上を進める政府の取り組みが、APACにおける磁気分離機の需要を後押しすると予想されます。

中国はAPACで最大の市場シェアを占め、2020年から2025年の間に最も高いCAGRで推移すると予想されています。中国は最大級の希土類鉱物の埋蔵量を保有しており、鉱業分野で著しい成長が見込まれています。また、都市部の人口増加に伴い、製薬産業の成長が期待されており、磁気分離機の市場を牽引することが期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]