AC電源 (交流電源) 市場規模、2024年には11億米ドルに、変調方式別ではPWMが市場の成長を牽引

世界のAC電源 (交流電源) 市場規模は、2019年の10億米ドルから2024年には11億米ドルに達し、CAGR2.4%で成長すると予測されます。再生可能エネルギー発電、アビオニクス、電気自動車などで使用される機器の生産増加がAC電源市場を牽引しています。

変調方式別では、PWM分野が市場に大きく貢献

AC電源市場は、2018年にPWM分野が変調方式別でトップとなりました。PWM AC電源は、LED照明の生産ライン、ACモータ、医療機器のテスト、家電製品、航空・船舶用機器のテストなどのアプリケーションに対応しています。PWM AC電源は、リニアAC電源よりも比較的小型で効率的です。PWM技術では、低周波信号は、高周波パルスから生成されています。この技術では、様々な部分にAC波形をカットし、より小さな変圧器で必要な電圧レベルに変更します。PWM AC電源の効率は90%を超えるため、電力損失はごくわずかです。また、PWMのもう一つの利点は、スイッチモード電源(SMPS)のように、負荷条件に応じて様々な方法でスイッチングを変調することができることです。このようなリニアAC電源に対するPWM AC電源の利点が、PWM型AC電源の成長を牽引するものと期待されています。

相数別では、三相式が最も速く成長する

三相式は高いCAGRで成長すると予想されます。三相式AC電源は、中性線1本と半導体3本を含む4本の線材で構成されています。三相電源では、負荷が均等に分布しているため、単相に比べて電力伝達能力が高くなります。また、三相電源では、一定の速度で安定した電力が供給されるため、より多くの負荷に対応できます。三相AC電源は、実験室でのテスト、大量生産、リモートコンピュータベースのシステム、産業用高出力モーター、品質検証、油田の計装、ネットワーク通信、オーディオ・ビデオ機器、航空電子工学などのアプリケーションに対応しています。三相の主な利点には、オペレータの安全性の向上、導体効率の向上、高負荷での実行能力の向上などがあります。三相AC電源の成長は、生産性の向上と負荷容量の向上に起因しています。

アジア太平洋地域が最大の市場になる

北米、欧州、南米、アジア太平洋、中東・アフリカはAC電源市場の主要な調査対象地域です。アジア太平洋地域の市場規模は最大であり、最も高い成長率が予測されています。家電製品、自動車、エネルギー企業の大手メーカーは、この地域の国々に研究・製造施設を設置しています。中国や日本などの国々は、技術や製造プロセスの革新で知られています。さらに、この地域の政府は、再生可能エネルギー発電に力を入れています。アジア太平洋地域では、再生可能エネルギー発電、スマートシティの開発、家電製品の生産が増加しており、この地域の交流電源の需要を押し上げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]