デジタルマルチメータ市場規模、2024年には10億4700万米ドルへ、CAGRも4.3%で成長すると予測

世界のデジタルマルチメータ市場規模は、2019年の8億4700万米ドルから2024年には10億4700万米ドルに達し、CAGR4.3%で成長する見込みです。市場を牽引する主な要因には、様々な産業における電子機器の普及率の向上と、マルチメータの低コストおよび多機能性などがあります。

サイズ別では、ハンドヘルドが最大市場

タイプ別では、ハンドヘルドマルチメータが、最大市場になると予測されています。ハンドヘルドマルチメータは、携帯が可能で低コストのため、消費者にとって魅力的な選択肢となっています。ハンドヘルドマルチメータの成長は、自動車やエネルギー分野での需要に起因していると考えられます。

タイプ別では、オートレンジング分野が最速で成長

オートレンジング分野は最速で成長すると予測されています。オートレンジングマルチメータは操作が簡単で、専門的な知識がなくても誰でも操作することができます。異なる範囲の類似した電気的パラメータを、手動の調整なしでシームレスに測定できる機能を持っています。家電分野における電子機器やスマート家電の需要の高まりが、オートレンジングマルチメータの需要を牽引すると予測されています。

用途別では、自動車分野が、急速に成長

用途別では、自動車分野が急成長すると予想されています。北米、欧州、中国における電気自動車や自動運転車の市場の拡大が、デジタルマルチメータの需要を牽引しています。電子機器のさらなる普及は、非電気自動車分野における成長を後押しします。

地域別では、アジア太平洋地域が最大市場に

世界のデジタルマルチメータ市場は、アジア太平洋、北米、欧州、南米、中東・アフリカの5つの地域に分類されています。世界最大の電子機器製造企業は、安価な労働力と原料の入手のしやすさから、アジア太平洋地域で事業を展開しています。中国、台湾、香港には高い電子機器製造能力があります。また、中国は自動車分野で世界有数のメーカーでもあります。これらの要因により、アジア太平洋地域は、市場で大きなシェアを占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]