移植診断市場規模、2025年には55億米ドルへ、CAGRも7.2%で成長すると予測

移植診断市場は、2019年の36億米ドルから2025年には55億米ドルに達し、CAGR7.2%で成長すると予測されています。移植診断の需要は、主に対象となる研究活動に対する官民資金の増加、感染症の負担増、移植手術件数の増加、移植診断分野の技術進歩などの要因に牽引されています。

分子アッセイが技術別で最大のシェア

技術別に見ると、分子アッセイ技術と非分子アッセイ技術に分類されます。2019年の市場では、分子アッセイ技術が最大のシェアを占めました。これは、ターンアラウンドタイムの短さ、手続き上の効率の良さ、複数のサンプルの研究、リアルタイムのサンプル分析など、分子アッセイによって提供される利点に起因すると考えられます。

独立系レファレンスラボラトリー分野がエンドユーザー別で最大シェア

エンドユーザー別に見ると、独立系レファレンスラボラトリー、病院・移植センター、研究所・学術機関に分類されています。2019年の市場では、独立系レファレンスラボラトリーが最大のシェアを占めました。診断検査室の急速な近代化と自動化、製薬・バイオテクノロジー企業が独立系レファレンスラボラトリーに委託する研究開発活動の増加、臓器移植手術の増加などが最大シェア獲得の要因と考えられます。

北米が地域別でトップ

北米は医療機器市場として確立された存在です。高度に発達した医療システムの存在、医療従事者間の革新的な移植診断技術の普及、同地域で行われる大量の臓器移植手術、移植診断分野の技術進歩が北米市場を牽引する主な要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]