医療廃棄物管理市場規模、2025年には90億米ドルへ、CAGRも5.6%で成長すると予測

世界の医療廃棄物管理市場規模は、2020年の68億米ドルから2025年には90億米ドルに達し、CAGR5.6%で成長すると予測されています。医療廃棄物の増加や、高齢者および肥満人口の増加が、同市場の成長を著しく後押ししています。

サービス別では、収集・輸送・保管セグメントが市場を支配

医療廃棄物管理市場は、サービス別に収集・輸送・保管、処理・処分、リサイクルに分類されています。2019年の市場は、収集・輸送・保管が最大のシェアを占めました。これは主に、医療廃棄物に関する厳しい規制に起因します。

廃棄物の種類別では、非有害廃棄物セグメント が業界を支配

廃棄物は、種類に基づき非有害廃棄物と有害廃棄物に分類されています。非有害廃棄物セグメントは、2019年に最大シェアを占めました。世界中の医療施設で大量の非有害廃棄物が発生しているため、安全な管理が重視されています。

地域別では、北米が最大

医療廃棄物管理市場は、北米、欧州、アジア太平洋、中南米、中東・アフリカに分類されています。2019年には、北米が最大のシェアを占め、欧州が次に続きます。この地域における高齢化の進展と医療廃棄物に関する厳しい規制が、北米市場の成長を牽引する主な要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]