インタラクティブ・キオスク市場規模、2025年には328億米ドルへ、CAGRも4.6%で成長すると予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「インタラクティブキオスク市場:製品/サービス別 (ハードウェア・ソフトウェア・サービス)・種類別 (銀行キオスク、セルフサービスキオスク、自動販売機)・設置個所別 (屋内、屋外)・パネルサイズ(17~32″、32 “以上)・産業別・地域別の将来予測 (2025年まで)」 (MarketsandMarkets) の販売を5月18日より開始いたしました。

インタラクティブ・キオスク市場は、2020年の262億米ドルから2025年には328億米ドルに達し、CAGR4.6%で成長すると予測されています。顧客のショッピング体験の向上、従来型店舗よりも投資コストが低いこと、用途の充実、タッチスクリーンディスプレイやガラス技術の革新などの要因が、インタラクティブ・キオスクの需要を牽引しています。

タイプ別では、自動販売機市場が最大のシェアを占める

インタラクティブ・キオスク市場は、タイプ別に銀行キオスク、セルフサービスキオスク、自動販売機キオスクに分類されます。2019年には、自動販売機の分野が最大のシェアを占めました。同キオスクは、主に小売店、クイックサービスレストラン、ホテル、空港、鉄道駅、モールなどで使用されています。小売店の成長は、その仮想空間を拡大する需要と相まって、世界中の自動販売機キオスクの成長を牽引する要因の1つとなっています。これに加えて、安全な決済ゲートウェイや業務の効率化も市場の成長を後押ししています。

場所別では、屋内キオスクの市場シェアが拡大

場所別では、屋内と屋外に分類されます。屋内のインタラクティブなキオスクは、モール、ヘルスケアセンター、政府や企業のオフィス、銀行、空港、カジノなどで使用されています。屋内のキオスクは、混雑した場所に配置されていても、顧客の関心を引くのに役立ちます。主に小売、銀行、娯楽、輸送、接客業の分野における自動化とセルフサービス技術への関心の高まりが、屋内キオスクのシェア拡大に貢献しています。

業種別では、小売業が最大の市場シェアを占めると予想

業種別では、小売、ヘルスケア、銀行・金融サービス、政府、輸送、接客、エンターテイメントなどに分類されます。小売業向けでは、顧客に情報を提供し、店舗への入場なしで、商品を宣伝できるため、需要が増加しています。また、店舗内の商品情報や商品・サービスの宣伝表示なども行い、顧客の注目を集めます。これらの活動は、製品の情報が簡単に入手できるため、ブランド・ロイヤルティの向上にも役立ちます。

地域別では、北米が最大の市場シェアを占めると予測

北米は、堅調な経済状況と高い顧客利用率により、最大の市場と予想されています。この地域は、小売、娯楽、旅行、金融、ヘルスケア業界からの高い需要により、その規模を維持しています。小売業者が顧客満足度の向上に力を入れていることから投資がさらに促進され、市場成長を牽引していると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]