カメラモジュールの市場規模、2025年までに446億米ドルに成長する見込み

マルチカメラベースのスマートフォンの増加、公衆安全およびセキュリティの懸念の高まりが市場を牽引

世界のカメラモジュールの市場規模は、2020年の315億米ドルから2025年までに446億米ドルに成長すると予測されており、予測期間中は7.2%のCAGRで成長する見込みです。 公衆安全およびセキュリティへの懸念の高まりにより、監視カメラの採用やデバイス統合に向けたカメラモジュール・コンポーネントの技術的進歩がもたらされました。また、スマートフォンにおけるToFカメラに対する需要の増加は、カメラモジュール業界の成長を牽引しています。

フォーカスタイプ別ではオートフォーカスカメラモジュールが最高のCAGRで成長予想

スマートフォンカメラは、これまで主に固定焦点カメラモジュールが使用されていました。しかし、スマートフォンカメラの進歩に伴い、オートフォーカスカメラモジュールが急速に普及しています。オートフォーカスカメラモジュール市場は、主にスマートフォンやウェアラブルなどの家庭用電化製品によって牽引されていますが、自動車セクターでは、固定フォーカスカメラモジュールの採用が大幅に見込まれています。

インターフェイス別ではシリアルインターフェイスが市場を支配見込み

インターフェイス別では、シリアルカメラモジュールが広く採用されています。モバイルアプリケーションでは、アプリケーションプロセッサがカメラシリアルインターフェース(CSI)を使用し、カメラに低電力で低コストのインターフェイスを提供しています。カメラとホストプロセッサ間の高帯域幅インターフェイスであるMIPI CSI-2では、パラレルインターフェイスと比べて専用クロックが優れたパフォーマンスを実現し、差動信号を使用してデータの送信を行っています。

インターフェイス別 世界のカメラモジュール市場 2020-2025年

(画像:インターフェイス別 世界のカメラモジュール市場 2020-2025年)

地域別では、アジア太平洋(APAC)が、Samsung(韓国)、Huawei(中国)、Oppo(中国)、Xiaomi(中国)などの主要なスマートフォンやその他の家電デバイスOEMの存在により、家電市場をリードしています。家庭用電子機器に見られる高性能カメラの躍進、自動車用途でのカメラの採用の増加、セキュリティおよび監視カメラのニーズの高まりは、APAC市場の主な成長推進要因です。中国は、こうしたカメラモジュールや家電製品メーカーの重要拠点です。カメラに関するスマートフォンのトレンドは、APACの市場に新しい機会をもたらすと予想されます。APAC地域におけるカメラモジュール市場の主なプレーヤーには、LG Innotek(韓国)、Sunny Optical(中国)、Sharp(日本)、Samsung Electro-Mechanics(韓国)、OFILM Tech(中国)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]