ガラス繊維・特殊合成繊維の市場、2024年まで914億米ドルに成長、CAGR も6.8%を記録する見込み

ガラス・特殊合成繊維の世界市場は2019年の659億米ドルから2024年には914億米ドルに達し、CAGR6.8%で成長しています。ガラス・特殊合成繊維市場は、高機能素材への需要の高まりにより、世界的に増加しています。

ガラス繊維は大きな市場シェアを占める

ガラス繊維は、今後5年間、数量・金額ともに市場全体を席巻すると予想されています。ガラス繊維は低コストであり、強度、耐久性、柔軟性、安定性、軽量性などの優れた物理的・機械的特性を持っているため、多くの需要があります。通常のEガラス繊維は、主に風力エネルギー、パイプ・タンク、電気・電子機器、建設・インフラ産業で使用されています。R、S、S-2、アドバンス、などの高強度ガラスは、航空宇宙・防衛、自動車・輸送、風力エネルギー産業で使用されています。

複合材用途は主要なシェアを占める

2019年から2024年までは複合材用途が市場を牽引すると予想されます。繊維が母材(マトリックス)と組み合わされると、複合材と呼ばれます。複合材に繊維を使用することで、従来の金属と比較して優れた特性が得られます。これらの特性には、耐マイクロクラッキング性、引張強度、導電性、高強度対重量比、耐疲労性などがあります。航空宇宙・防衛、自動車・輸送、風力エネルギー、ガラス・パイプ産業において、ガラス、カーボン、アラミド、超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)繊維ベースの複合材料に対する大きな需要があります。

最終用途別では風力エネルギーが最大のシェアの見込み

数量ベースでは、風力エネルギーが最大のシェアを占めると予測されています。ガラス・特殊合成繊維は、風力タービンのブレード、ナセル、ハブの製造で高い需要があります。多くの企業が風力エネルギー産業向けの複合材の製造に投資しています。たとえば、2017年7月、トルコのベルガマにある新工場でLMウインドパワー(GE再生可能エネルギー事業と風力タービンブレードの主要な設計および製造)は、風力タービンブレードの生産を開始しました。

アジア太平洋地域が最大シェア

アジア太平洋地域は、中国とインドの経済成長、著名な企業の存在、拡大する輸送、風力エネルギー、建設・インフラ産業により、最大の市場になると推定されています。なかでも中国は、最も速いペースで成長すると思われます。この国の経済成長が、ガラス繊維の高い消費量の要因となり、急速な自動車・輸送、建設・インフラ産業の拡大が、ガラス繊維・特殊合成繊維市場の需要を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]