インダクタ市場規模、2025年までに47億米ドルに成長、CAGR も4.2%を記録する見込み

世界のインダクタ市場規模は、2020年の38億ドルから2025年には47億ドルに達し、CAGR4.2%で成長すると予測されます。市場の主な推進要因は、多数のインダクタを必要とする家電製品と電気自動車の需要の増加です。

巻線インダクタは、最も市場を牽引

巻線インダクタは、鉄やフェライトなどの磁性金属の芯(コア)に巻線を巻いたものです。不要な高周波は、オーディオの音質を低下させ、電気回路に障害を与える恐れがあります。そのため、無線周波数を遮断またはフィルタリングするため、巻線インダクタが使用されます。一般的に、巻線インダクタはカーオーディオシステムや電子制御ユニット(ECU)、通信インフラや移動体基地局などの電子機器に使用されています。主に、無線LAN、携帯電話、ブロードバンド部品、RFIDタグ、RFトランシーバー、Bluetooth、ワイヤレスPDA、セキュリティシステムなどの移動体通信機器の高周波回路に使用されています。巻線インダクタはサイズが大きく、同サイズの積層インダクタに比べて2倍の性能を持っています。巻線インダクタは、他のタイプのインダクタと比較して製造コストが安く、高いインダクタンス値を提供するため、最大の市場シェアを持っています。

自動車用インダクタ市場は急速に成長

自動車には、排出ガスの削減や環境負荷の低減を目的とした新技術が導入されています。自動車に使用されるインダクタは、過酷な環境条件で動作する必要があります。エンジンやトランスミッションの制御装置、LEDドライバー、HID照明、モーターのノイズ対策など、様々な用途に使用されています。乗員の快適性や安全性、環境への配慮など、自動車産業の進歩に伴い、使用可能なスペースの減少に対応するため、電子機器の拡張が必要となっています。また、機械式から電気式に変わったシステムが増えてきているため、大量の電流を適切に規制し、フィルタリングする必要があります。また、電気自動車の生産、利用台数の増加に伴い、自動車用インダクタの需要が大幅に増加しています。

アジア太平洋地域は最大のシェアを占める

アジア太平洋地域 のインダクタ市場の成長は、主にこの地域の家電市場の成長によって牽引されています。この地域は、様々な産業における新技術の利用で大きく変化しました。また、人件費が安いため、インダクタのほとんどは地域内で製造され、地域外に輸出されています。また、電力需要が大幅に増加しており、電力管理の必要性からも、インダクタの需要が加速しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]