航空機の電動化市場、2030年には86億米ドルに、CAGRも12.2%で成長すると予測

航空機の電動化市場は、2022年に34億米ドル、2030年には86億米ドルに達し、CAGR12.2%で成長すると予測されています。炭素排出量の削減と航空機騒音の低減への関心の高まりが、今後数年で市場を牽引すると予想されます。

推進システム分野は航空機の電動化市場をリードする

システム別では、推進システム分野が2030年までに航空機の電動化市場をリードすると予測されています。推進システムの電動化は、離陸および上昇のためのパワーを増大させることで、通常のターボファンを2メガワットの水冷式電気モーターで効率的に代替することが期待されます。電気推進システムの普及が進むことで、燃料の燃焼が大幅に削減され、大気排出量の削減につながると期待されています。

ビジネスおよび一般航空分野は、最も高いCAGRで成長する

飛行距離の短い航空機で進む電動化は、ビジネスおよび一般航空用航空機の市場を牽引しています。現在の市場では、バッテリーの容量が限られているため、開発の大半はビジネスおよび一般航空分野向けに行われています。排出ガスの少ない国内航空旅行に向けて行政機関が発表した計画は、ビジネスおよび一般航空分野の成長をさらに後押しします。

欧州が最大のシェア

欧州は、航空機電化の主要な潜在的市場です。フランス、ドイツ、イギリス、スイスなどの国では、旅客輸送の需要による二酸化炭素排出量の増加が、電動航空機の需要を後押しする主な理由となっています。欧州連合航空安全庁(EASA)、欧州防衛庁(EDA)、英国民間航空局(CAA)、欧州航空輸送司令部などの政府機関は、輸送の安全性を確保し、炭素排出量や騒音などの航空輸送に関わる様々な問題に対処するために重要な役割を果たしています。ノルウェーでは、政策立案者が2040年までに短距離路線のすべてを電気式にすることを求めています。ロールスロイス(英国)、サフラングループ(フランス)、GKNエアロスペース(英国)、エアバス(オランダ)、タレスグループ(フランス)、ターボメカ(フランス)など、欧州の主要な電動航空機メーカーの存在が、その成長をさらに後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]