メンブレン(膜)の市場規模はCAGR 9.0%で成長、2024年までに83億米ドルに達する見通し

【人口の増加、廃水の再利用に関する意識の高まり、急速な工業化が主な市場推進力】

世界の膜(メンブレン)の市場規模は、2019年の54億米ドルから2024年までに83億米ドルに増加し、予測期間中のCAGRは9.0%になる見通しです。膜市場の主な推進力には、人口の増加、廃水の再利用に関する意識の高まり、急速な工業化などがあります。 また、水の化学的処理から物理的処理への移行、水の処理に関する厳格な規制、および排水、降水量の変化など気候変動も膜市場を牽引しています。

世界のメンブレン(膜)市場 2019-2024年

(画像:世界のメンブレン(膜)市場 2019-2024年)

タイプ別では、高分子セグメントが予測期間中に膜市場をリードする見通しです。ポリマーセグメントは、膜濾過にに適した、より効率的な機械的特性を持つ素材のグループです。膜製造に使用される天然高分子には羊毛、ゴム、セルロースが含まれ、合成高分子には、ポリアミド、ポリスルホン、ポリエーテルスルホン、ポリメチルペンテン、ポリスチレン、およびポリテトラフルオロエチレン(PTFE)が含まれます。高分子膜は費用対効果が高く、飲料処理、給水生産、化学処理などの幅広い用途に優れた選択肢を提供し、処理と操作が簡単です。高分子膜が提供する高性能、高効率性、および特定の分離特性は、このセグメントが大きな市場規模を持つ理由となっています。また、食品および飲料、発電、石油およびガス、医薬品などでのポリマーの使用の増加により、高分子膜の使用が推進されています。

技術別では、NF技術セグメントが予測期間中に最高のCAGRを記録すると予測されています。NF膜は、1価イオンを透過し、2価および多価イオンを排除するため、その使用が増加しています。これらの膜によって提供されるイオン分離と透過の柔軟性は、産業用アプリケーションで大きな利点を提供します。また、これらの膜を水処理に使用すると、ROよりも不要成分の排出量が少なくなり、かつ水中の重金属、塩、および硝酸塩の含有量が減少します。これらのメンブレンは、ホエイプロテインの濃縮、ジュースの濃縮、その他の食品および飲料および製薬業界のアプリケーションにも役立ちます。 NFメンブレンが提供する優れた特性、工業化の増加、人口の増加は、NFメンブレンの主要な推進力です。

地域別動向では、アジア太平洋地域(APAC)が予測期間の間に最大の市場になると予測されています。アジア太平洋の膜市場は、水の物理的処理に対する需要の高まりにより、大きな成長の可能性を秘めています。アジア太平洋は、中国、インド、インドネシア、マレーシア、ベトナム、タイなど、いくつかの大規模で急速に成長している国々で構成されています。これらの国々では、水処理、飲料水供給、廃水排出などの分野で地方自治体主導の規制改革が行われています。アジア太平洋の膜セクターの主な推進力は、水処理規制に関する改革の進行、人口の増加、水処理への投資の増加、および急速な工業化なとどなっています。

世界の膜(メンブレン)市場の主要企業として、DuPont (米国)、東レ (日本), Hydranautics (米国)、Koch Separation Solutions (米国)、Pentair (英国)が挙げられます。新製品の発売、合意とコラボレーション、投資と拡張、合併と買収は、2017年から2020年の間に市場プレーヤーによって採用された主要な成長戦略でした。各企業はこうした施策を通じて、対象地域のプレゼンスを向上させ、増大する新興国のメンブレン(膜)需要に応えました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]