ロール・ツー・ロールプリンテッドエレクトロニクスの市場規模は2020年72億米ドルから電子デバイスの小型化などに牽引され2025年183億米ドルまで拡大の見込み

ロールツーロール(R2R)印刷のフレキシブルエレクトロニクス2020年の市場規模は72億米ドルと予測されており、2025年までに183億米ドルに達すると予測されています。2020年から2025年までのCAGRは20.5%と予想されています。この市場の成長を牽引するいくつかの重要な要因は、R2R印刷を使用した小型で軽量の電子デバイスや回路の開発などです。エネルギー効率が高く、薄く、柔軟なR2R印刷家電の世界的な需要の増加、電子部品やデバイスの製造に使用されるR2R印刷が実現するコストの利点、ヘルスケアアプリケーションでの柔軟な電子機器の使用の増加なども、市場成長を促進する要因となっています。

Roll-to-Roll Printing Market

最終用途産業別:航空宇宙・防衛セグメントは最高のCAGRで成長する予測

航空宇宙・防衛セグメントは、予測期間中に最高のCAGRで成長すると予測されています。プリンテッドエレクトロニクスは、航空宇宙・防衛産業で広く採用されています。これは、プリンテッドエレクトロニクスが軽量で複雑性が低く、信頼性が高いためであり、これらの利点の結果として、メンテナンスの必要性も低減されます。さらに、R2Rプリンテッドエレクトロニクス技術により、機内エンターテインメントシステムや航空機の構造健全性のモニタリングシステムなど、航空機で使用されるさまざまなシステムの配線が削減されます。

地域別:APAC は最大の市場シェアを占める見込み

アジ太平洋(APAC)地域のR2Rプリンテッドフレキシブルエレクトロニク市場の成長を牽引するのは、電子部品の大量生産、そしてプリンテッドエレクトロニクスに関連するR&D活動への投資の増加です。APACは、フレキシブルOLEDパネルの製造ハブとしても台頭しました。APACでは近年、薄膜太陽電池のインストレーション数が増加しており、今後数年間で中国においても着実に増加すると予想されます。薄膜太陽光発電の採用では日本とインドが突出しており、この地域の他の国でも再生可能エネルギー源に移行しつつあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]