シミュレータ市場、2025年に279億米ドル規模へ到達見込み パイロット訓練のコスト削減が市場の成長を牽引

シミュレータの市場規模は、2019年の215億米ドルからCAGR4.4%で推移し、2025年までに279億米ドルに成長すると予測されています。パイロットの需要の増加とパイロットの訓練のコスト削減の必要性が市場を牽引する主な要因となっています。

アプリケーション別市場で、軍事訓練セグメントが最高のCAGRで成長する予想

アプリケーション別では、軍事訓練セグメントは予測期間中、最高のCAGRで成長すると予測されています。シミュレーション関連技術の継続的な進歩により、軍事訓練の運用コストが削減されたことで、軍事訓練でのシミュレータの使用が増加しています。

ドライビングシミュレータセグメントが種類別で最高のCAGRを示す見込み

ドライビングシミュレーターは、職業ドライバーおよび軍のドライバーへの実際の運用にむけたスキルの向上を目的とした訓練を支援します。これらのシミュレータは、車、トラック、バス、電車・路面電車、そして装甲車両での使が可能です。世界での商用車の需要の増加は、新しい職業ドライバーの需要の増加につながっており、その結果、ドライバーを訓練するためのドライビングシミュレーターの需要がさらに高まると予測されています。

Simulators Market

2019年はアジア太平洋地域が市場を牽引

アジア太平洋地域は、商用と軍事向けシミュレータ両方にとって潜在市場のひとつです。特にインド、インドネシア、韓国、オーストラリア、ベトナム、フィリピンなどにおけるパイロット需要増の主な要因は、旅客数が増加です。飛行機での旅行の増加は、中流階級の経済状態の向上、そして低コストキャリア導入の結果です。エアバスによると、2017年時点でアジア太平洋地域のトレーニング施設は、年間5,000人のパイロットと搭乗員しかトレーニングできません。この地域で成長している航空会社は、航空交通の需要を満たすために、より多くのパイロットを必要としています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]