医療用接着剤の市場規模、2024年までに106億米ドルに成長すると予測

【医療用インプラント、低侵襲手術が増加し、創傷閉鎖用接着剤の使用が奨励され、市場の成長を牽引する】

世界の医療用接着剤市場は、予測期間中のCAGRが6.8%となり、2019年の76億米ドルから2024年までに106億米ドルに成長すると予測されています。発展途上地域における人口増加、所得水準、健康意識の向上、医療用インプラント市場の高成長、また、低侵襲手術の増加により、創傷閉鎖用接着剤の使用が奨励されていることが市場の成長を牽引しています。

フィブリン天然樹脂は、予測期間中の医療用接着剤市場全体の最大のシェアを占めると推定されています。フィブリンシーラントは生物学的接着剤であり、ほとんどすべての外科手術で使用でき、組織を結合し、止血を実現します。フィブリンシーラントを使用すると、手術中の出血量を抑えることができます。これにより、外科医は、シーラントを使用しない場合よりも迅速かつ効率的な手術を行うことができます。これらの接着剤は、抜歯や口腔外科、整形外科、割礼、外傷、心臓外科、胸部外科、血管外科、腫瘍外科、形成外科、脳神経外科、眼科外科などのさまざまな用途で使用されています。

固形分およびホットメルト技術は、医療用接着剤市場全体で最高のCAGRを記録するでしょう。医療用接着剤は、水ベース、溶剤ベース、固形およびホットメルトなどのさまざまな硬化技術を使用しています。ホットメルトは、医療用途向けの接着剤技術の中で最も急速に成長しているクラスです。ホットメルトベースの接着剤は、熱可塑性ポリマーに基づく100%固体接着剤として定義できます。これは、加熱されると溶融状態に変化し、冷却されると硬化し固化する際に組織の結合を促します。そのユニークなセールスポイントは、非常に速硬性にあり、高い生産性につながる可能性があります。

医療用接着剤地域別動向:アジア太平洋地域(APAC)

アジア太平洋における医療用接着剤市場は、中国、日本、インド、韓国、およびその他の諸国に分割されています。APAC地域は医療用接着剤では比較的大きな市場です。アジア太平洋市場は、今後5年間で最高の成長を遂げると予測されており、医療機器メーカーと医療用接着剤メーカーに重要な機会を提供することが期待されています。多くの医療機器メーカーが製造コストの低いこの地域に製造拠点を設立または拡大しています。

世界の医療用接着剤市場の主要企業として、Ethicon, Inc.(Johnson & Johnson Services)、Henkel AG & CO. KGAA、3M Company、Baxter International Inc.が挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]