獣医用超音波装置の市場規模は、2020年3億3,800万米ドルから2025年4億4,800万米ドルへ成長の予測 最大市場は北米地域

世界の獣医用超音波の市場規模は、2020年の3億3,800百万米ドルから2025年までに5.8%のCAGRで拡大し、4億4,800万米ドルに達すると予測されています。コンパニオンアニマルの増加、ペット保険の需要の増加、先進国の獣医師の増加、技術の進歩などの要因が、予測期間中、この市場の成長を牽引すると予測されます。しかし、機器や治療のコストが高いため、成長はある程度抑制されます。

スキャナータイプ別では2D超音波セグメントが市場を支配

スキャナーの種類別では、2Dセグメントは2019年の獣医用超音波市場の最大のシェアを占めました。主な要因は、疾患診断および妊娠検査で2D超音波スキャナーが広く利用されていることと考えられています。

カートベースセグメントが2019年製品別市場の最大シェアを獲得

獣医向け超音波装置市場はカートベースとポータブルの二つに分けられます。使用の容易さと病院、診療所、診断センターでの幅広い利用を要因として、2019年、カートベースのセグメントは、市場の最大の部分を占めました。

北米による地域別市場の支配 地域別市場では、北米が2019年の動物/獣医用超音波業界の最大のシェアを占めました。北米市場の成長要因は、コンパニオンアニマルの採用の増加、ペット保険業界の成長、獣医医療支出の増加、そして獣医学診療数の増加などが挙げられます。また、動物/獣医用超音波業界のプレーヤーの大半は米国を拠点としていることも北米市場の成長要因のひとつとなっています。 

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]