遺伝子治療の市場規模:2019年38億米ドルから2024年までにCAGR27.8%で130億米ドルへ拡大の予測

世界の遺伝子治療市場は、2019年の38億米ドルから2024年までにCAGR27.8%で130億米ドルに成長すると予測されています。この市場の成長を牽引する主な要因は、がんやその他の標的疾患の高い発生率、償還利用の可能性、そして遺伝子治療研究の資金増加などです。しかし、遺伝子治療の高いコストは、予測期間中、市場成長の多少の妨げになると予想されます。

適応症別の市場予測:がん治療のための遺伝子療法の需要が高い成長率

遺伝子治療市場は適応症に基づき、神経疾患、がん、肝疾患、デュシェンヌ型筋ジストロフィー、その他の適応症に分けられます。がんの遺伝子治療の承認数の増加と血液がんの発生率の上昇を要因として、がんセグメントは予測期間中、最高のCAGRで成長すると推定されています。

ベクター別の市場分析:非ウイルス性ベクターセグメントが2018年に最大シェアを占有

この市場はベクターごとに、ウイルス性ベクターと非ウイルス性ベクターに分けられます。非ウイルスベクターセグメントは、2018年の市場で最大のシェアを占めました。これは、オリゴヌクレオチドベースの非ウイルスベクター遺伝子治療の高い市場浸透によるところが大きいでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]