パーティクルカウンターの市場規模、2024年までに5億8,000万米ドル到達見込み

パーティクルカウンター市場は、2019年の3億4,000万米ドルから2024年までに5億8,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間中11.0%のCAGRで成長する見込みです。

タイプ別では空中パーティクルカウンターが最大シェア

パーティクルカウンター市場は、タイプ別に空中パーティクルカウンターと液体粒子カウンターに分類されます。空中パーティクルカウンターセグメントは、2018年の市場で最大のシェアを占めました。これは、クリーンルーム監視へのパーティクルカウンター使用の増加、ならびに大気汚染監視の厳格化によるものと考えられます。 

用途別ではクリーンルーム監視セグメントが最大シェア

パーティクルカウンター市場は、用途別にクリーンルームモニタリング、室内空気質モニタリング、液体の汚染モニタリング、飲料水の汚染モニタリング、エアロゾルのモニタリングと研究、化学汚染モニタリング、その他のアプリケーションに分類されます。クリーンルーム監視セグメントは、2018年に最大の市場シェアを占めました。クリーンルーム監視は、製薬および半導体産業における主要なアプリケーションです。したがって、これらの産業の成長により、パーティクルカウンターの需要が促進されると予想されます。

ライフサイエンスと医療機器産業が最大のエンドユーザー

パーティクルカウンター市場は、エンドユーザー別にライフサイエンスおよび医療機器、半導体、自動車、航空宇宙、食品および飲料、その他のエンドユーザーに分類されます。2018年、ライフサイエンスおよび医療機器業界は、世界のパーティクルカウンター市場で最大のシェアを占めました。市場の成長は主に、医薬品サンプル中の不純物の存在、検出された化合物の増加、医薬品製剤生産の増加、厳格な安全規制、および研究開発費の増加に牽引されています。アジア地域からの医薬品製造アウトソーシングの増加と、世界的製薬大手による新たな市場における新規製造施設の設立も、パーティクルカウンター市場の需要を推進しています。

Particle Counter Market

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]