デジタルホログラフィー市場、2024年までCAGR19.8%で成長見込み

デジタルホログラフィーの市場規模は、2019年の22億米ドルから2024年に54億米ドルに拡大すると予測されています。予測期間中、19.8%のCAGRで成長する見込みです。

セグメント別予測:ハードウェアが最大シェア

デジタルホログラフィー技術には、レーザー、CMOS / CCDカメラ、空間フィルター、ミラー、ビームスプリッターなどのハードウェアコンポーネントが必要です。近年、イメージセンサー、空間光変調器(SLM)、コンピューターなどの電子デバイスは急速に進歩しています。高ピクセル密度のSLMは、レンズを必要とせずホログラフィックディスプレイ上に自然でカラフルかつ高品質な3D動画画像を形成できます。これらのハードウェアコンポーネントは、標本のキャプチャに役立ちます。一方で、ハードウェアコンポーネントに必要な初期コストは非常に高くなります。

ホログラフィックディスプレイテクノロジーは、両眼視差、運動視差、調節、および収束という4つのメカニズムを提供する機能を備えています。特殊なメガネをかけなくても3Dオブジェクトを見ることができ、人間の目に視覚的な疲労を与えることもありません。

3D画像は長い間、人々を魅了してきました。今後は広告業界で注目を集めると予想されています。ホログラフィックディスプレイは、カスタマーエクスペリエンスの向上に役立つと考えられており、商業分野のホログラフィックディスプレイは、今後数年間で高い需要が見込まれています。3Dホログラフィックディスプレイソリューションは、小売業界の広告、およびマーケティング分野で採用が拡大しており、デジタルホログラフィックディスプレイ市場の成長促進要因になると予想されています。

地域別予測:北米が市場の最大シェアを維持

北米におけるデジタルホログラフィーの高い需要は、同地域に多く存在するライフサイエンスおよびバイオメディカルの研究施設や試験センターと関係があると考えられています。さらに、北米では商業用途でのホログラフィックディスプレイの需要が急激に増加しており、同地域の市場の成長をさらに推進しています。北米はホログラフィックテクノロジーをどこよりも先駆けて採用した地域であり、米国における商用アプリケーション向けデジタルホログラフィックシステムの採用拡大が需要を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]