診断用心電計の市場規模、2024年に103億米ドルに到達見込み 製品タイプ別では、安静時心電計(ECG)が最大シェア

診断用心電計の市場規模は、2019年に75億米ドルに達し、2024年までに103億米ドルに到達すると予想されています。同市場は予測期間中、6.4%のCAGRで成長する見込みです。

リードタイプ別では、3リード心電計(ECG)が最大CAGRで成長予測

診断用心電計市場は、リードタイプ別に12リード、5リード、3リード、6リード、シングルリード、およびその他のリードタイプに分類されます。3リードECGは、予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予想されています。他の様々な循環器疾患テスト、テレメトリモニタリング、ならびに救急医療、心臓病管理などの医療処置における使い勝手の良さが、3リードECGの成長を後押ししていると考えられます。

製品タイプ別では、安静時心電計(ECG)が最大シェア

製品タイプ別では、安静時ECG、ストレスECG、埋め込み型ループレコーダー(ILR)、イベントモニター、モバイル心電図テレメトリー (MCT)、およびスマートウェアラブルECGモニターに分類されます。ILRセグメントは、予測期間中に最高のCAGRで成長すると予測されています。モニタリングモダリティの迅速化かつ診断の拡張、および医療費削減への大きな潜在性が診断用心電計市場の成長を牽引しています。

エンドユーザー別では、病院、クリニックおよび心臓ケアセンターが高いCAGRで成長

エンドユーザー別では、病院、クリニックおよび心臓ケアセンター、外来手術センター、その他のエンドユーザーに分類されます。病院、クリニックおよび心臓ケアセンターは、2019年に最大の市場シェアを占めました。同セグメントが大きなシェアを占めた背景に、心疾患の負担増大が挙げられます。その結果、高品質の循環器ケアの必要性が増し、診断のために医師の元を訪れる患者数が増え、利用可能なホルターモニターおよびイベントモニターの償還が先進国市場全体で押し上げられる見込みです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]