水性コーティング市場、樹脂タイプ別ではアクリルが最大シェア 地域別ではアジアが最速で成長予測

水性コーティングの市場規模は、2024年までの予測期間中、2019年の741億ドルから2024年までに918億ドルに成長し、CAGR4.4%で推移すると予測されています。特に住宅用や一般産業用の建築および工業用アプリケーションの成長が、水性コーティング市場の成長を牽引すると見込まれています。

樹脂タイプ別: アクリルが最大の市場シェアを占めると推定

セグメント別では、アクリルが最大のシェアを占めており、予測期間中もその優位性を継続すると予想されています。水性アクリル塗料は、その化学的特性と独特の美的特性により、幅広い用途に使用されています。アクリル系水性塗料の需要は、自動車、医療、自動車、一般産業および建設業界で高くなっています。中国やインドなどの新興国では、生活水準の向上と高品質塗料への需要の高まりにより、コーティングにアクリル樹脂を使用する機械が増えています。

用途別: 建築が最速で成長見込み

建築用水性コーティングは、装飾的な機能に加え、保護機能も備えています。たとえば、外装の建築用塗料とコーティングは、強烈な雨、日光、風から建物を保護します。また、家具、フローリング、壁画、彫刻などの装飾的なインテリアにも使用できます。消費者とメーカー間で高まる環境への意識は、付加価値のある高品質な製品を手ごろな価格で提供し、世界的なトレンドに対応することを目指すコーティング業界の技術革新につながっています。

地域別: アジア太平洋地域が最大シェア予測

アジア太平洋地域(APAC)の水性コーティング市場は、最大のシェアを占め、予測期間中に最高のCAGRで成長すると予想されています。中国、インド、マレーシア、台湾、韓国、インドネシア、ベトナムでは、自動車、一般産業、船舶、新築、改造および再塗装などの産業から水性コーティングへの需要が高まっており、APACの水性コーティング市場の成長を牽引すると予測されています。中国は予測期間中にAPACにおける水性塗料の需要をリードすると予想されています。

主要企業

BASF SE (ドイツ)、AkzoNobel N.V. (オランダ)、PPG Industries Inc. (米国)、RPM International Inc. (米国)、The Sherwin-Williams Company (米国)、Asian Paints Limited (インド)、Axalta Coating Systems LLC (米国)、日本ペイント、関西ペイント、Jotun Group (ノルウェー)、Tikkurila OYJ (フィンランド) など

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]