電気外科手術市場、2025年には88億米ドルに、CAGRも5.2%で成長すると予測

世界の電気外科手術市場は、2019年の64億ドルから2025年には88億ドルに達し、CAGR5.2%で成長すると予測されています。電気外科機器の技術進歩、低侵襲手術の需要、医療、美容、アンチエイジング手術の増加、外来外科センターの増加などが、市場の成長を押し上げています。しかし、電気外科手術に伴うリスクは、その抑制要因となるでしょう。

製品別では、電気外科用器具の分野が最大シェア

製品別に見ると、市場は発電機、器具、アクセサリー、排煙システムに分類されています。2018年の市場では、電気外科用器具部門が最大のシェアを占めています。このシェアは、使い捨て、再利用ともに、電気外科手術器具の使用量が多いことに起因しています。また、この分野は2019年から2025年まで最も高いCAGRで成長すると予測されています。さらに、その技術的進歩と美容整形手術の増加が、電気外科用器具部門の成長を支えています。

種類別では、一般外科分野が最大のシェア

電気外科手術市場は、手術の種類別に一般外科、婦人科手術、泌尿器科手術、整形外科、心臓血管外科、美容外科、脳神経外科、腫瘍外科、その他の手術に分類されています。2018年の市場では、一般外科の分野が最も大きなシェアを占めました。これは、高齢者の増加とそれに伴う様々な疾患や有病率の増加、外科手術の増加、肥満の有病率の上昇に起因していると考えられます。

病院、クリニック、アブレーションセンターの分野が最大のシェア

エンドユーザー別にみると、電気外科手術市場は、病院、診療所、アブレーションセンター、外来手術センター、研究所・学術機関に分類されます。2018年の市場シェアは、病院、診療所、アブレーションセンターの分野が最大のシェアを占めています。このシェアは、病院で行われる電気外科手術の件数が多いこと、低侵襲手術の需要が高まっていること、病院でのワークフローを向上させるための高度な画像モダリティの採用が増加していることなどが要因と考えられます。

アジア太平洋地域は、最も速く成長

電気外科手術市場は、北米、欧州、アジア太平洋、中南米、中東・アフリカの5つの主要地域に分類されています。アジア太平洋地域は、主要な収益を上げる地域の一つです。この市場は、患者数の増加、低侵襲手術への需要の高まり、医療制度の改善、研究活動の活発化などにより、今後数年間で高い成長が期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]