タッチプローブ市場、2025年まで7億3600万米ドルに成長、CAGRも4.0%を記録する見込み

タッチプローブ市場は、2020年の6億600万米ドルから2025年には7億3600万米ドルまで、CAGR4.0%で成長すると予測されています。市場の成長は、3D部品形状の測定に役立つタッチプローブの機能、業界の安全基準の向上、自動車製造における自動化の流れによって促進されています。

3Dタッチプローブの市場は最高のCAGRで成長

3Dタッチプローブは、長さ、幅、高さの3次元で対象物をスキャンするために使用されます。製作工程を正確に把握するために、CNC加工で使用されます。自動車産業では、複雑な部品や高性能エンジンに対する需要が高まっており、自動化されたCNC加工の需要が高まっています。このCNC加工における自動車部品製造用タッチプローブの使用は、3Dタッチプローブ市場の需要を牽引すると予想されます。

自動車産業向けタッチプローブ市場は高い成長を示す

自動車産業の市場は、最も高いCAGRを記録すると予想されています。電気自動車と自動運転車の成長により、新しい自動車部品と改良されたエンジン設計の需要が高まると予想されます。自動車の製造には、多くの種類の自動車部品を製造する必要があります。これらの部品を製造する企業は、鍛造金属部品の品質を維持するために、CNCマシンのタッチプローブを活用しています。タッチプローブを使用して製造された鍛造金属部品には、鍛造ホイールと車のシャーシが含まれます。このように、世界中で拡充している自動車生産は、タッチプローブ市場の成長を後押ししています。

アジア太平洋地域のタッチプローブ市場は最高のCAGRで成長

アジア太平洋地域の市場は予測期間中、最も高いCAGRで成長すると予想されています。アジア太平洋地域では中国が引き続き最大のシェアを占め、日本、韓国がこれに続きます。この市場の成長は、急速な工業化と自動化の進展に起因していると考えられます。タッチプローブは、自動車、航空宇宙・防衛、医療機器、電子機器製造などの産業で使用される様々な金属部品を製造するために、CNCマシニングセンターで主に使用されています。消費者製品の消費量が多いことから、アジア太平洋地域では製造業への大きな需要があります。これらの要因が、アジア太平洋地域におけるCNCマシニングセンターの利用を促進しており、タッチプローブの市場もそれに伴って拡大しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]