ユーティリティ向けのIoT市場、2019年286億米ドルから2024年までCAGR13.5%で成長し、538億米ドルに達する予測 

ユーティリティ向けIoTの市場規模は、2019年の286億米ドルから2024年までに538億米ドルに成長すると予測されており、この期間のCAGRは13.5%と予想されています。公益事業におけるIoTの登場により、公益事業部門がこれまで直面していた課題が軽減され、その発展が促進されると見込まれています。IoTセンサーは、エネルギーや水の生成と分配を最適化します。ユーティリティプロバイダーは、消費者からの需要増加に対応し、石油・ガス労働者の職場の安全性を向上させます。

IoT in Utility Market

コンポーネント別:ソリューションセグメントが最大シェアを占有する見込み

IoTテクノロジーは、既存の運用と統合することで、インフラ投資を抑えながらユーティリティ企業の全体的な運用効率を向上させると予想されています。IoTテクノロジーは、エネルギー生成、送電、配電、資産管理、労働力管理、セキュリティ、エネルギー管理、消費者分析、インフラ管理、リモート監視とモニタリングなどのユーティリティ産業全体に導入されています。

用途別では配電網管理が最大市場シェアを占める見込み

ネットワーク機能とコンピューティングインテリジェンスの適用で、従来の配電網よりもスマートで自動化された高度な配電網が実現可能となります。IoT機能を持つグリッドには、相互通信するスマートセンサー、レシーバー、スマートメーター、およびエネルギーボックスがあります。従来の配電網では、電力会社は顧客から停電の報告を受けていました。しかし、インターネットプロトコル(IP)アドレスの存在とすべてのコンポーネント間の双方向通信により、先進メータリングインフラストラクチャ(AMI)が整備され、応答時間の短縮とメンテナンスに関連した問題に関するリアルタイムな情報の入手が可能となります。結果として、配電管理の改善につながります。配電網管理には、送電、停電管理、需要応答管理、そして機器の保守に関連するすべてのアクティビティが含まれます。ユーティリティ向けIoTソリューションは、これらすべての活動のシームレスな管理に役立ちます。   

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]