データレイクの市場規模、2019年79億米ドルからCAGR20.6%で成長し、2024年に201億米ドル到達予測 APAC地域は最速成長の見込み

データレイクの市場規模は、2019年の79億米ドルから2024年までに201億米ドルに成長すると予測され、予測期間中の複合年間成長率(CAGR)は20.6%と見込まれています。データレイク市場の主な成長要因には、市場競争において優位性を得るために、増大し続けるデータ量から詳細な洞察を抽出する必要性の増加、そして、部門のサイロ、メインフレーム、レガシーシステムからの組織データへの簡素化されたアクセスなどが含まれます。データ問題を管理し軽減するためのクラウドベースのデータプラットフォームへの移行は、市場の拡大を促進するさらなる機会の創出をもたらすと予想されています。

Data Lakes Market

ビジネス機能別:経営セグメントが最高のCAGRで成長する予測

データレイク市場は、ビジネス機能によってマーケティング、販売、経営、財務、および人事に分けられ、経営機能は、予測期間中に最高のCAGRで成長すると予想されます。多くの企業がデータレイクソリューションとサービスを導入し、内部プロセスの評価や経営の強化を行っています。データレイクの導入は、企業が運用コスト、速度、柔軟性、およびデータ品質の間で適切なバランスを取るのに役立ちます。マーケティングセグメントは、予測期間中に最大の市場規模を維持し続けると見込まれています。

展開モード別:急速に成長するクラウド型

生成データの容易なメンテナンス、費用対効果、機敏性、柔軟性、スケーラビリティ、そしてソリューションの効果的な管理などの利点を要因として、クラウドベースのデータレイクソリューションの採用が拡大すると予測されています。クラウドベースのソリューションは、地域内、および地域・国を越えたデータ復旧戦略をサポートするため、企業はクラウドベースの採用を好みます。これにより、組織は災害発生時の回復力の確保が可能になります。

地域別:北アメリカが最大の市場シェアを保持する見込み

北米は最大の市場シェアを保持し、アジア太平洋(APAC)は予測期間中に最高のCAGRで成長すると予想されます。北米では、ビッグデータテクノロジーの使用の増加、産業全体におけるデータ量の増加、ならびに企業によるデータレイクソリューションへの投資の増加に起因して、高い成長率を示す可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]