EVワイヤレス充電市場、2027年まで2億3,400万米ドルに成長、CAGR も46.8%を記録する見込み

EV(電気自動車)ワイヤレス充電市場は、2020年の1600万ドルから2027年には2億3400万ドルに達し、CAGR46.8%で成長する見通しです。厳しい排出基準、研究開発活動の高まり、急速な技術変化が市場を牽引すると予測されます。

推進力別で、BEVは最大の市場となる見込み

推進方式別で、BEV(battery electric vehicle)分野が最大のシェアを占めると予想されています。テスラ、BMW、日産などの大手自動車会社は、テスラモデルS、BMW i3、日産リーフなどのBEVモデルでワイヤレス充電を提供しています。政府の厳しい規制を受け、排出ガス抑制のため、OEMメーカーはBEVに力を入れています。BEVの販売台数の増加と政府の支援が市場全体を牽引すると予想されます。

充電タイプ別で、定置型充電が最大

定置型ワイヤレス充電システムは、便利で安全、そして信頼性の高いものです。この技術は相互運用性があり、ドライバーが任意のワイヤレス充電システムを使用することができます。また、車両は、駐車場や公共の場所でワイヤレス充電をすることができます。定置型ワイヤレス充電システムの普及は、電気自動車の充電ネットワークの拡大に貢献しています。多くの企業が定置型ワイヤレス充電システムを導入しています。例えば、エバトラン(プラグレス)は、日産リーフとシボレー・ボルトに定置型ワイヤレス充電システムを導入しています。

欧州が最大の市場シェアを占める

欧州地域が最大の市場シェアを占めると予想されています。整備されたインフラがあることで、この地域のワイヤレス充電の導入が可能となっています。さらに、Robert Bosch GmbH、Continental AG、HELLA KGaA Hueck & Co.などの大手プレーヤーの存在が、この地域のEVワイヤレス充電市場の成長を加速させると予想されています。電気自動車の販売台数の増加と、多数の充電ステーションを備えたインフラが、欧州地域の市場を牽引することになるでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]