農業用ロボット市場は2025年までCAGR22.8%で成長、市場規模は206億米ドル到達見込み

農業用ロボットの市場は2020年の74億ドルから2025年には206億ドルに達し、CAGRは22.8%で成長すると予測されています。労働者数の減少、人口の増加、既存の農地に要求される高い生産性などが、成長を後押ししています。既存の農業技術の成熟と新しい農業技術の導入は、長期的には市場の機会となることが期待されています。

UAV(無人航空機)またはドローンの分野が最大のシェアを占める

この市場では、UAVまたはドローン分野が最大のシェアを占めると推定されます。この分野の成長は、UAVやドローンが安価な農業用ロボットであり、様々な規模の農場、特に50ヘクタール以下の畑でも使用できるという特徴によります。その手頃な価格により、農家は農業にUAVやドローンを利用するようになりました。ここ数年、土壌および作物のフィールド分析と家畜管理に無人航空機やドローンが使われています。その堅牢なモデルは、農薬散布にも使用されています。(DJIのドローン「AGRAS T16」など)。UAVやドローンは応用範囲が広いことから、農家や商業生産者による利用が増えています。

提供品目別に見ると、サービス分野は最も高いCAGRで成長する

農業ロボット市場のサービス分野は、2019年から2024年まで、最高のCAGRで成長すると予測されています。無人トラクター、フルーツ収穫機、除草ロボットなどの農業用機器の高コスト化により、企業はリースモデル(Naïo Technologiesなど)を採用し、農家がロボット機器の実地テストを行い、要件に合っているかどうかを判断できるようにしています。また、投資収益率(ROI)の計算や初期設定のアドバイスなどのサービスも、農業用ロボットの世界的な普及に重要な要素になると予想されています。

屋内農機分野に比べて屋外農機分野のシェアが大きくなる

屋外で使用される農機具の種類と数は、屋内に比べて多くなります。屋外では、UAVやドローン、GPSを搭載した自律型トラクターなどが使用されています。一方、搾乳ロボット、植物ハンドリングロボット、果実収穫ロボットなどの屋内用ロボットは、屋外に比べてシェアが少なくなります。したがって、開発されている農業用ロボットのほとんどは、屋外での農業利用を目的としています。

畑作物分野は、最高のCAGRで成長

農業用ロボット市場のうち畑作物分野は、最高のCAGRで成長すると予測されています。自動操縦システムと自律型ロボットの普及が、市場成長に貢献すると予測されています。ドローン測量のほとんどは、農産物の大部分を占めるトウモロコシとサトウキビ畑に焦点を当てています。自動収穫機は、主に畑作物に使用されています。

南北アメリカは、最大のシェアを占める

南北アメリカは、自動化された農機具や関連ソフトウェアの浸透が進んでいるため、市場の最大のシェアを占めると予測されています。入国審査の厳しさとそれに伴う労働力不足を背景として、農業の自動化を選ぶ農家の数は増加し続けています。フロリダ州とカリフォルニア州では、リンゴ、イチゴ、ブドウ、その他の作物を収穫するためのロボット収穫車が開発されており、労働集約的な作業を自動化しています。現在、多くの大手農業企業が、ハーベストCROOのようなロボットスタートアップ企業の戦略的投資家となっています。カナダやメキシコなどの国々も、農業用ロボットの導入に前向きな姿勢を示すと予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]