世界の計装用バルブおよび継手の市場、2025年まで39億米ドルに成長、CAGR も3.0%を記録する見込み

世界の計装バルブ・継手市場は、2019年の32億ドルから2025年には39億ドルに達し、CAGR3.0%で成長すると予測されています。上流部門を中心とする石油・ガス産業や電子・半導体産業の成長、アジア地域における石炭ベースの電力プロジェクトの増加、および自動化により、計装バルブおよび継手市場が拡大しています。

石油・ガスが世界の計装用バルブ・継手市場を支配する

計装用のバルブや継手は、石油・ガス産業ではオフショアリグ、精製プラント、ガス処理システムなどで使用されています。石油・ガス産業で使用されるバルブや継手は、過酷な環境条件に耐えることが求められます。そのため、そのメンテナンス、修理、操作(MRO)の活動は非常に重要です。石油・ガス産業は循環型産業であるため、この業界のプレーヤーは、サプライヤーへの負担を最小限に抑えるように計装バルブと継手を調達します。この数年の間で、発展途上国からの石油・ガス製品の需要は増しています。このことからも、計装バルブや継手市場を牽引してゆくと期待されています。

最高のCAGRで成長するバルブ市場

バルブは、計装用バルブや継手市場の成長に重要な役割を果たしています。ボールバルブは、圧力降下が小さく、すばやく開閉できるため、広く使用されています。これらのバルブは、産業界全体でトランスミッション、貯蔵、ガス処理などで使用されています。逆止弁は、主に廃水、携帯用水、灌漑用途で使用され、同時にプロセス、鉱業、食品・飲料、石油・ガス、製薬業界での使用も見受けられます。石油・ガス、ヘルスケア、化学薬品など、さまざまな産業での使用の増加が、バルブ市場の成長を後押ししています。その結果、バルブ製品は高いCAGRで成長すると予想されます。

計装用バルブ・継手市場を支配するステンレススチール素材

計装バルブや継手業界では、今後数年は、限られた製品の開発と技術革新に注力してゆくことになるでしょう。生産性向上、コスト管理、在庫管理は、利益率を向上させるためにメーカーの主要な焦点となるでしょう。メーカーは、製造時の材料コストを削減しながら、強度、機械的特性、信頼性を向上させるために、バルブ本体の構造に強靭な材料を使用した新製品を開発しようとしています。ステンレス鋼から製造された計装用バルブは、市場の主要シェアを占めると予想されます。これは、石油・ガス、化学薬品、ヘルスケア、半導体などの高い需要に起因しています。

アジア太平洋地域は最高のCAGRで成長

ソニー、サムスン、LG、TSMCなどの大手半導体メーカーがアジア太平洋地域全体に進出しています。計装用バルブや継手は、半導体産業の製造工程で多く使用されています。インドと中国の食品・飲料業界は急速な成長を遂げており、この業界の多くが国際基準に合わせて設備をアップグレードしています。清潔さと衛生へのこだわりは、先端的な衛生機能を持つバルブの需要を押し上げるでしょう。したがって、その普及率は、2019年から2025年の間に増加すると予想されます。アジア太平洋地域での、スマートシティプロジェクトも需要を押し上げています。近年、この地域では経済成長、政治的変革、社会的変化がいちじるしく、これらの事も市場の成長への期待となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]