カーボンナノチューブの市場規模、2028年に23億米ドル到達予測

カーボンナノチューブ(CNT)の市場規模は、2022年の11億米ドルからCAGR 14.6%で成長し、2028年には23億米ドルに達すると予測されています。2022年のカーボンナノチューブ市場は、タイプ別にSWCNTが最大シェアを占めると推定されています。

最大シェアを占めるMWCNT

同心円状に並んだカーボンシリンダーやチューブがMWCNTを構成しています。カーボンエンドキャップは、一般的にチューブの両端をシールするために使用されます。ヘリングボーン、バンブー、ダブルウォールチューブもMWCNTのバリエーションです。SWCNT と比較すると、MWCNT は大量生産が容易です。

MWCNTは、その高い導電性により、導電性発熱フィルム、導電性透明電極、導電性ナノインク、ディスプレイ、ナノデバイス、化学センサー、スーパーバッテリー、スーパーキャパシター蓄電、太陽電池、熱インターフェース材料など、さまざまな製品に採用されています。

急成長するエネルギー&ストレージ部門

量的には、エネルギー&ストレージ部門が最も広く使用されています。リチウムイオン電池は軽量でエネルギー密度が高いため、自動車用としての高い需要があります。ハイブリッドカー、ノートパソコン、携帯電話などに使われるこの電池は、重量あたりのエネルギー密度が最も高い製品です。

今後、リチウムイオン電池市場は、プラグインハイブリッド車(PHEV)と携帯電子機器の使用の増加によって牽引されることが予想されます。エネルギー・貯蔵分野では、これがカーボン・ナノチューブ市場を牽引することが期待されています。CO2排出量を削減し、環境を維持するための各国の取り組みにより、多くの自動車メーカーがEVに注目しています。

アジア太平洋地域が最も急成長する

アジア太平洋地域は最大市場であり、当面この状態が続くことが予想されます。CNTの主な最終用途産業には、建築・建設、自動車、電気・電子分野が含まれます。同地域の自動車販売は、道路網や輸送網の成長、産業やインフラ開発を目的とした政府プログラムの結果増加し、市場にプラスの効果をもたらすことが予想されます。過去5年間の工業生産の拡大により、中国は現在CNTの需要で世界をリードしています。また、自動車、化学、航空宇宙分野の製造拠点が既存の市場から発展途上国へと移転していることも、業界を牽引する要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]