冷媒の市場規模、2028年に90億米ドル到達予測

冷媒の市場規模は、2022年の63億米ドルからCAGR 6.4%で成長し、2028年には90億米ドルに達すると予測されています。この成長の主な要因は、アジア太平洋地域を中心とした消費者向け電化製品の需要増加と、製薬業界の成長です。可処分所得の急増、生活水準の向上、消費者向け電化製品の製造設備の増加が、同地域の市場成長に寄与しています。一方、冷媒市場の成長を抑制する要因には、安全衛生上の懸念からフッ素含有冷媒に対する規制が強まっていることが挙げられます。自然冷媒の使用が増加していることは、関係者にとって冷媒市場の成長機会として働くことが予想されます。自然冷媒は、家庭用、工業用、冷凍機用途の需要の増加により、今後数年間で高い需要が見込まれます。

イソブタンの急成長

イソブタン(R-600a)は、多様な冷凍用途に使用される自然冷媒です。R12、R13a、R22、HCF、CFCなどの有害冷媒の代替品として優れています。イソブタンR-600a はガソリンに自然に存在する成分で、その顕著な熱力学的性能と最小限の環境影響により、近年大きな関心を集めています。また、ODPゼロの無害な化学物質であり、地球温暖化の可能性はわずかと考えられます。R-600aは、その環境に優しい特性により、小型商業用冷媒や家庭用冷媒で選択される冷媒ガスとなっています。

アジア太平洋地域が最も成長する市場に

金額ベースでは、アジア太平洋地域が世界の冷媒市場を支配しており、なかでも中国が世界最大の冷媒消費国となっています。投資の増加と新しい製造施設の増加により、アジア太平洋地域は冷媒の主要市場となっています。政府プロジェクトやインフラ整備の増加は、冷凍機、冷蔵庫、冷凍庫などの用途における冷媒需要を促進しています。さらに、経済成長の増加、家電産業への多額の投資が、この地域の冷媒需要を押し上げています。また、人口の増加と業界間の提携も、地域の市場成長を促進すると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]