生分解性プラスチックの市場規模、2028年に209億米ドル到達予測

生分解性プラスチックの市場規模は、2023年の79億米ドルからCAGR21.3%で成長し、2028年には209億米ドルに達すると予測されています。環境問題への懸念、規制措置、消費者の需要、企業の持続可能性への取り組み、生分解性プラスチック技術の進歩などが相まって、生分解性プラスチックの採用と使用が促進されています。

包装用途が最も速い成長を示す

包装用途は生分解性プラスチックの最大の最終用途産業です。環境規制の増加や消費者のライフスタイルの変化により、包装業界では生分解性プラスチックの需要が高まっています。高い耐久性と水を通さない性質が、包装におけるプラスチックの利用を促進しています。食品・飲料メーカーは、環境問題や経済問題を軽減するために、生分解性プラスチックへの切り替えを進めています。欧州と北米を中心とした多くの地域では、政府の厳しい規制により、二酸化炭素排出量の削減を余儀なくされており、バイオベースの製品に対する需要を高めています。

タイプ別に、PLA生分解性プラスチックが最大に

PLAは、近年大きな注目と人気を集めている生分解性プラスチックです。PLAは、包装材料、使い捨てカトラリー、食品容器、フィルム、繊維、3D印刷フィラメントなど幅広い用途があり、透明性、強度、印刷適性に優れ、さまざまな用途に適しています。PLAの生分解性と再生可能な性質は、従来のプラスチックの代替品として有望視されています。

地域別に、アジア太平洋地域が第2の市場に

地域別に、アジア太平洋地域が生分解性プラスチック生産の主要市場として台頭しています。低コストの原材料と労働力が入手可能であり、人々の意識の高まりと相まって、生分解性プラスチック製造業者にとって魅力的な投資先となっています。また、人口の増加、都市化、工業化は、生分解性プラスチック市場を牽引する要因となっています。

この市場の主要企業には、BASF(ドイツ)、NatureWorks(米国)、Total Corbion(オランダ)、Novamont(イタリア)、Biome Bioplastics(英国)、三菱ケミカルホールディング(日本)、東レ(日本)、Plantic Technologies(オーストラリア)、Danimer Scientific(米国)、Fkur Kunstsoff(ドイツ)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]