薄膜太陽電池の市場規模、2028年に112億米ドル到達予測

薄膜太陽電池の市場規模は、2023年の53億米ドルからCAGR16.0%で成長し、2028年には112億米ドルに達すると予測されています。薄膜太陽電池市場の成長を促す主な要因としては、薄膜太陽電池に対する政府の取り組みが増加していることや、住宅用途での薄膜太陽電池の採用が拡大していることなどが挙げられます。一方、従来の結晶シリコン太陽電池との競争は今後の課題となります。市場プレーヤーにとっての主な成長機会は、薄膜太陽電池製造における技術および材料開発の進行に左右されます。

テルル化カドミウム(CdTe)市場の高いシェア

薄膜太陽電池市場におけるテルル化カドミウム(CdTe)セグメントは、今後、最も高いCAGRを示すことが予想されます。すべてのソーラーパネルの中で、CdTeはカーボンフットプリント、水の必要量、エネルギー回収期間が最も低く、同時に多結晶セルと同様に低コストという利点があります。さらに、この材料への投資の増加が市場の成長を促進しています。米国エネルギー省(DOE)は2022年8月、新たに設立したCdTeアクセラレーター・コンソーシアム(CTAC)を通じて、CDTEベースの薄膜太陽電池モジュールの研究開発に向けて2000万米ドルを投資すると発表しました。

公益事業エンドユーザーの高いシェア

2023年の市場シェアは公益事業分野が最も高く、今後も同様の傾向が予想されます。太陽光発電所は環境に優しいため、各国政府はこのような発電所の設置を推進しています。太陽光発電プロジェクトの設置に対する政府の特別制度や財政支援は、ユーティリティ用途のPVシステムの需要を押し上げることが予想されます。

地域別に、北米が高い成長率を記録

北米は2028年までの間、薄膜太陽電池市場を支配することが予測できます。米国とカナダの政府は、北米でのPVモジュール利用を促進するため、National Community Solar PartnershipやClimate Action Incentive Fundなどいくつかのイニシアチブをとっています。北米の太陽光発電市場には、First Solar(米国)など数社の主要企業が進出しています。また、この地域には、NEXTracker(米国)、AllEarth Renewables(米国)、Array Technologies(米国)など、ソーラートラッカー・プロバイダーが数社あります。

薄膜太陽電池市場の主要プレーヤーには、First Solar(米国)、株式会社カネカ(日本)、Ascent Solar Technologies(米国)、Oxford PV(英国)、Hanwha Q CELLS(韓国)、シャープ株式会社(日本)、JA Solar Technology Co. Ltd(中国)、MiaSole(米国)、AVANCIS GmbH(ドイツ)、Solbian(イタリア)などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]