発電機販売の市場規模、2030年に345億米ドル到達予測

発電機販売の市場規模は、2023年の231億米ドルからCAGR5.9%で成長し、2030年には345億米ドルに達すると予測されています。信頼性の高い電力供給に対する需要が世界的に高まり続けていることが、同市場の成長を牽引しています。

用途別にスタンバイセグメントが最大

用途別に、市場は、スタンバイ、ピークカット、プライム&連続の3タイプに分類されます。停電時や電圧低下時には、限られた時間だけ非常用電源を供給する必要があるため、スタンバイ発電機は様々な産業で高い需要があります。病院、データセンター、通信インフラ、オフィスビルなどの商業ビルでは、非常用電源が必要となります。異常気象やそれに伴う停電が増加する中、スタンバイ発電機の需要が急増しています。

最終用途別に、産業セグメントが最大

最終用途別に、市場は、産業用、商業用、住宅用に分類されています。産業用には、公益事業・発電、石油・ガス、化学・石油化学、金属・鉱業、製造、海洋、建設、その他農業、運輸、航空宇宙・防衛など様々な分野が含まれます。産業用発電機は、送電網が不安定な状況でも安定した電力供給を維持し、機器の効率的な性能を確保します。発電機は、ポンプ、ファン、油圧ユニット、バッテリー充電器などの重要な機能のために、メイングリッドからの電力が失われたときに発電所で使用されます。温室効果ガスの排出を削減するため、石炭火力発電所からガス火力発電所への移行が進んでいます。天然ガスは石炭に代わって2番目に多く使用される燃料となり、その低コストと需要増加によりガス発電機セットの需要を押し上げると予測されています。

アジア太平洋地域は、2番目に急成長する

アジア太平洋地域は、発電機販売市場で2番目に急成長する市場となる見込みです。 アジア太平洋地域の発電機販売市場は、急速な工業化のペース、エネルギー貯蔵技術の広範な採用、既存の送配電(T&D)インフラのアップグレードへの多額の投資によって、力強い成長が見込まれています。これらの要因によって、発電機販売市場の拡大に有利な条件が整い、需要の増加と市場機会の拡大が見込まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]