特殊化学品市場、2028年に3648億米ドル到達予測

特殊化学品市場は、金額ベースで2022年の2726億米ドルからCAGR5.0%で成長し、2028年には3648億米ドルに達すると予測されています。イノベーションと技術開発が、特殊化学品市場成長の主な要因です。独創的なアイデアと継続的な新技術の開発により、メーカーは優れた特性を持つ高度な特殊化学品を容易に提供できるようになりました。こうした開発は、製品創造の新たな機会を提供するとともに、変化する消費者の嗜好に対応する能力を、同時に提供します。メーカーは主に、新規材料、化学プロセス、配合を調査するための研究開発投資に注力しており、コンピューター・モデリング、AI(人工知能)、ハイスループット・スクリーニングなどの最新機器は、研究者が膨大なデータセットを分析し、化学プロセスをシミュレートし、材料特性をより正確に予測するのに役立っています。

水処理薬品市場で急成長する腐食防止剤

インフラ整備が進むにつれ、効果的な水処理ソリューションへのニーズが高まっています。配水システム、工業用冷却システム、ボイラーで使用される金属部品やパイプラインの腐食を防ぐためには、腐食防止剤が不可欠です。耐腐食性材料に対する需要の高まりと、水インフラの寿命を延ばす必要性が、腐食防止剤の需要に寄与しています。水処理薬品における腐食防止剤の需要は、水インフラを保護し、水質を確保し、規制を遵守し、持続可能で効率的な水処理方法を達成する必要性によって牽引されています。企業や政府が水処理と腐食防止に高い優先順位を置いているため、効率的な腐食防止剤のニーズは高まるものと考えられます。

工業用水処理薬品市場の成長

河川、湖沼、地下水、自治体供給など、さまざまな水源からの水は、工業施設で頻繁に使用されます。これらの水源は、汚染物質、成分、水質がそれぞれ多様です。水を特定の工業プロセスに適合させるため、水処理薬品は浮遊粒子、有機物、バクテリア、スケール形成、腐食などの問題を解決するために使用されています。

水処理薬品市場における北米市場

北米の水処理薬品市場は、2028年までの間、金額ベースで最も成長する地域と予測されます。北米には、自動車、化学、食品・飲料、パルプ・製紙、発電、石油・ガスなどの分野を網羅する強力な産業・製造基盤があり、独自のプロセスニーズを満たし、スケールやファウリングを管理し、腐食を止め、信頼性が高く効率的な機器やシステム性能を保証する水処理ソリューションを必要としています。北米における水処理薬品の需要は、産業が成長を続け、規制が厳しくなり、水インフラのメンテナンスやアップグレードが必要となり、持続可能な水処理方法が注目されるようになるにつれて増加することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]