バイオシミラーの市場規模、2028年に669億米ドル到達予測

バイオシミラーの市場規模は、2023年の294億米ドルからCAGR17.8%で成長し、2028年には669億米ドルに達すると予測されています。規制当局の承認、有利な償還政策、費用対効果の高いバイオシミラーに対する需要の高まりなどの要因が市場成長を促進しています。

薬剤クラス別に、高い成長率を占めるモノクローナル抗体製品

2022年、モノクローナル抗体製品セグメントはバイオシミラー市場で最大シェアを占めました。これは主にバイオシミラーモノクローナル抗体の価格が基準薬と比較して低いこと、また癌、自己免疫疾患、骨粗鬆症の治療においてラボの採用が増加したことによるものです。また、同セグメントの成長は、世界的ながんと慢性疾患の罹患率の上昇に起因しています。互換インスリン製剤の承認拡大が市場に好影響を与えるものと思われます。

適応症別に、がん領域が最大シェアを占める

適応症別に、市場は、がん、炎症性・自己免疫疾患、慢性疾患、血液疾患、成長ホルモン欠乏症、感染症、その他の適応症に分類されます。がん治療薬や成長ホルモンの需要が各地域で高まっていることが、市場の成長を後押ししています。

速いペースで成長するアジア太平洋地域

バイオシミラー市場は、欧州、アジア太平洋、北米、中南米、中東・アフリカに分類されます。アジア太平洋地域は、多数の新興プレーヤーの存在、それほど厳しくない政府規制、バイオシミラーの開発・製造・商業化のための大手および地域プレーヤー間の協力の増加により、今後最も成長する市場となる見込みです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]