栄養補助食品の市場規模、2028年に2394億米ドル到達予測

栄養補助食品の市場規模は、2023年の1675億米ドルからCAGR7.4%で成長し、2028年には2394億米ドルに達すると予測されています。健康意識の高まり、予防医療需要の高まり、高齢化、電子商取引の拡大、自然で持続可能な製品への嗜好など、さまざまな要因が市場を牽引しています。

栄養補助食品は、食事を補い、必須栄養素、ビタミン、ミネラル、ハーブ、またはその他の有益な物質を提供するために使用されます。サプリメントは総合的な健康をサポートし、栄養不足を補い、特定の健康上の懸念に対処するのに役立ちます。栄養補助食品には、錠剤、カプセル、粉末、液体、ソフトジェル、ジェルカプセルなど様々な形態があり、栄養摂取を強化するための補助食品として、特定の欠乏症や健康状態に対処するための医薬品として、あるいは運動能力を高め、筋肉の回復をサポートするためのスポーツ栄養補助食品として摂取することができます。多くの種類や用途をもつ栄養補助食品は、健康やウェルネスの幅広いニーズに対応することが出来ます。

栄養補助食品市場は、今後、健康・ウェルネス製品、予防医療、セルフケアと個人的な幸福を求める傾向への需要が高まることで、大きな成長が期待できます。メーカー各社は、増大する栄養補助食品の需要に対応するため、継続的に投資を行い、市場を拡大しています。例えば、NestleはブラジルのPurVida社を買収し、ブラジルの栄養補助食品市場での存在感を強めています。

タイプ別に、ビタミンセグメントが最大

ビタミンは健康全般の維持に重要な役割を果たし、様々な身体機能に不可欠です。ビタミン部門の成長を促進する要因としては、健康意識の高まり、ビタミン欠乏症の有病率の上昇、予防医療への関心の高まりなどが挙げられます。消費者は、ビタミン補給によって栄養不足を補い、健康をサポートしようとしています。単一ビタミンやマルチビタミンの組み合わせを含む幅広いビタミン製剤が入手可能なため、消費者の多様なニーズに対応することが出来ます。最適な栄養状態を維持することが重視されるようになり、栄養補助食品市場におけるビタミン部門は大きな成長が見込まれています。

機能別に、追加サプリメント分野が高い成長率を記録

追加サプリメントは、全体的な健康と幸福をサポートすることを目的とした幅広い製品を包含しています。これらのサプリメントは、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質、ハーブエキスなどの追加栄養素を提供し、毎日の食事を補い、栄養ギャップを埋めるものです。予防医療に対する需要の高まりと、最適な栄養状態を維持することへの意識の高まりが、追加サプリメント部門の成長を促進しています。消費者は、総合的な健康の増進、免疫機能の強化、エネルギーレベルのサポート、特定の健康効果の促進を目的として、サプリメントを求めています。さまざまな健康上の懸念に対応する多様な追加サプリメントが入手可能であることが、栄養補助食品市場における追加サプリメント部門の優位性に寄与しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]