マイクロディスプレイの市場規模、2028年に32億米ドル到達予測

マイクロディスプレイの市場規模は、2023年の11億米ドルからCAGR23.7%で成長し、2028年には32億米ドルに達すると予測されています。今後も、マイクロディスプレイ市場のOLEDセグメントは大きな成長が見込まれており、高度な機能を備えたディスプレイの急速な採用とHMDでの使用の増加が、同セグメントの拡大の要因となっています。OLED技術は、より優れた電力、より速い応答時間、より多くのカラーオプションを提供することから、OLEDマイクロディスプレイはAR HMDに頻繁に採用されています。HMD用OLEDディスプレイの主要企業は、Kopin Corporation(米国)、Samsung Electronics(韓国)、Yunnan OLiGHTEK Opto-Electronic Technology Co. (Ltd.(中国)などがあります。

FHDセグメントがより高いCAGRで成長

FHD市場は、今後も高いCAGRで成長することが予測されています。標準的なFHD解像度は、水平方向に1920ピクセル、垂直方向に1080ピクセルです。Fraunhofer FEPは、2018年に米国で開催された情報ディスプレイ学会(SID)で、曲面OLEDマイクロディスプレイパネルのデモを行ないました。この曲面OLEDマイクロディスプレイは対角1インチで、解像度は1200×1920です。このパネルは欧州連合(EU)が資金提供するLOMIDプロジェクトで開発されました。

NTEデバイスはより高いCAGRで成長を記録

NTE Devicesは、今後高いCAGRで成長することが予想されます。OLED技術に基づくマイクロディスプレイは、電力効率の改善、高速応答、色数の増加を実現するため、NTE機器での使用が増加しています。SVGA+ Rev3 OLED-XLマイクロディスプレイは、eMagin Corporationがニアアイ・パーソナル・ビューワ・アプリケーション向けに提供する電力効率に優れたOLEDディスプレイ・ソリューションです。アジア太平洋地域は、日本の主要EVFベンダーの存在により、NTEデバイスに搭載されるマイクロディスプレイの需要が引き続き高いことが予想されます。

自動車分野のCAGRが上昇

2028年までの間、自動車分野が最も高いCAGRを記録すると思われます。AR技術の採用が増加したことで、自動車メーカーは消費者にAR HUDモデルの豊富なラインアップと仕様を提供することが可能になりました。HUDはドライバーの視線に重要な情報を直接投影します。ドライバーは道路から目を離すことなく、道順にアクセスしたり、電話やメールに応答したり、音楽を管理したりすることができ、人気の車載ガジェットとなっています。HOLOEYE Photonics AG、WiseChip Semiconductor、Himax Technologies, Incは、車載用マイクロディスプレイを提供する数少ないプレーヤーです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]