水性塗料の市場規模、2030年に1407億米ドル到達予測

水性塗料の市場規模は、2021年の992億米ドルから2027年には1243億米ドル、2030年には1407億米ドルに達すると予測されています。水性塗料はVOC含有率が低く、ポットライフが長く、硬化が早いのが特徴です。

エポキシ系樹脂

エポキシ樹脂は、その機械的特性、腐食防止、耐薬品性により、保護塗料や床塗料に使用されています。ここ数年、水系エポキシ塗料は、ハイソリッド塗料、無溶剤塗料、粉体塗料の製造と同様に、製造工程で水系技術を使用することで環境に優しい塗料として注目を集めています。コーティング産業におけるエポキシ樹脂の需要は増加しています。この成長は、酪農、製薬、食品加工装置、電子機器、航空機格納庫、自動車工場からの需要が増加していることに起因しています。

建築用途

建築用途の市場ドライバには、世界各国のインフラ、住宅、非住宅産業などの需要が挙げられます。アジア太平洋地域、特に中国、インド、タイ、インドネシア、マレーシアなどの発展途上国における、建築用途に対する強い需要があります。世界の水性塗料メーカーは、これらの新興地域に製造施設や営業所を設立し、需要の増加に対応しています。

高いCAGRで成長するアジア太平洋地域

アジア太平洋地域は、急速に発展している国々が多く存在する新興経済圏です。様々な業界プレーヤーがこの地域への投資に意欲的です。北米と欧州のプレーヤーの多くは、安価な原材料、低い生産コスト、より良いサービスなどを提供できることから、製造拠点をアジア太平洋地域に移すことを計画しています。アジア太平洋地域は、中産階級の可処分所得の増加により、プレミアム製品や高品質製品に対する需要が高まっており、同時に水性塗料への需要が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]