5G固定無線アクセス市場:28GHzと39GHzの5G mmWaveバンドの普及が顕著

IoTやクラウドベースのサービスを効果的に利用するための高度なネットワーク接続に対する需要の高まりは、5G固定無線アクセス(5G FWA)プロバイダーにとって大きな成長機会をもたらす結果となります。5G固定無線アクセスは、IoTやクラウドを介した接続機器間のリアルタイム通信を可能にします。モバイルビデオ監視、スマートシティ、スマート工場などのIoTやクラウドアプリケーションには、運用効率を向上させた高速ネットワークが必要です。このため、5G固定無線アクセスは、これらの要件に対応する上で重要な役割を果たすと期待されています。さらに、増え続けるデバイスに中断のないインターネット接続を提供することが求められるため、大きなビジネスチャンスが生まれると期待されています。

5Gセルラーワイヤレスネットワークは、低遅延、低消費電力、コスト効率の高い情報転送を実現することにより、高いデータ転送速度、エンドツーエンド性能の向上、混雑した場所でのユーザーカバレッジの拡大を提供し、既存のセルラーネットワークの課題を克服するものと想定されています。5Gでは、マクロセルと異なるタイプのライセンス取得済みスモールセル、リレー、デバイス間(D2D)ネットワークからなる多層アーキテクチャが組み込まれ、スペクトル内で異なるQoS要件に対応することでユーザーに効率的にサービスを提供しています。

異なる階層に属するユーザーは、チャネル・アクセスの優先順位が異なりますが、同じライセンス・スペクトルを共有しているため、セル間干渉に直面します。既存の干渉管理システムでは干渉に関連する問題を処理できないため、5Gの展開が困難になっています。

市場で最も成長する39GHz以上の周波数帯

39GHz以上の周波数帯は、主に固定ポイントツーポイントおよびポイントツーマルチポイントの衛星運用に使用されています。この技術の主な利点は、高速インターネットサービスのための広い帯域幅が利用できることと、低遅延であることです。小型のアンテナを使ってマストからの信号を集中させるビームフォーミング技術は、この周波数帯の採用において重要な役割を果たすと思われます。しかし、壁、建物、地形、樹木などの障害物による信号損失が大きいため、この周波数帯を屋内局面で運用することは困難であり、屋外用途のみに限定される可能性があります。28GHzと39GHzの5G mmWaveバンドが最も普及しており、最終的には5Gネットワークは26.5GHzから67GHzの範囲のmmWave周波数を採用する可能性があるとしています。

アジア太平洋市場の最大国、中国

中国は、5Gネットワークインフラの開発に携わる経済成長の著しい国の一つです。科学技術省が立ち上げた863-5Gプロジェクトは、5G固定無線アクセスに関連する政府出資の研究活動です。この研究活動では、無線アクセスネットワーク(RAN)アーキテクチャ、無線伝送技術、ビジョン、要件、スペクトラム、実現技術、評価・テスト手法の4つのトピックを扱っています。

中国の大手通信事業者の1つであるChina Mobileは現在、5Gプライベートネットワークを改善し、5Gアプリケーションの規模拡大を推進するため、5Gプラスギガビットファイバーネットワークの構築を推進しています。2022年末までに、100万以上の5G基地局を展開し、5Gネットワークを利用する加入者は3億3000万人を超え、5G商用ユースケースは1万件を超えると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]