滅菌サービスの市場規模、2027年に59億米ドル到達予測

滅菌サービスの市場規模は、2022年の45億米ドルからCAGR5.5%で成長し、2027年には59億米ドルに達すると予測されています。院内感染の多発、外科手術の増加、食品業界による滅菌技術の採用の増加、滅菌サービスのアウトソーシングを選択するメーカーの存在が、滅菌サービス市場の成長を促進すると予想されます。一方、エンドユーザーが滅菌基準に準拠していない場合、この市場の成長が抑制されるものと考えられます。市場は、方法、タイプ、提供形態、エンドユーザー、地域別に分類されています。

ガンマ線滅菌

方法別に、市場は、エチレンオキサイド(EtO)滅菌、ガンマ線滅菌、電子ビーム(e-beam)放射線滅菌、蒸気滅菌、X線照射、その他に分類されます。ガンマ線滅菌は、今後、最も高い成長を記録すると予想されています。迅速なターンアラウンドタイム、放射性物質の調達や再調達の必要性がないなどの特徴が、同セグメントの成長を促進しています。

滅菌受託サービス

タイプ別に、市場は、滅菌受託サービスと滅菌検証サービスに分類されます。滅菌受託サービスセグメントは、最も高い成長を遂げると予想されます。入院率の増加や人件費および運営費の削減により、滅菌受託サービスの導入が進むことが予想されます。

オンサイト滅菌サービス

提供形態別に、市場は、オフサイト滅菌サービスとオンサイト滅菌サービスに分類されます。再処理ターンアラウンド時間の短縮や、輸送やスケジュールに関するコストの排除などの要因が、オンサイト滅菌サービスの成長を支えています。

医療機器メーカー

エンドユーザー別に、市場は、病院・クリニック、医療機器企業、製薬・バイオテクノロジー企業、その他に分類されます。医療機器企業セグメントは、最も高いCAGRで成長すると予想されます。シングルユース医療機器の採用が進み、医療機器への病原性負荷の低減が求められていることから、医療機器企業による滅菌サービスの採用が進むと予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]