ペロブスカイト太陽電池市場、2028年に22億6800万米ドル到達予測

ペロブスカイト太陽電池市場は、2024年の2億7100万米ドルからCAGR70.1%で成長し、2028年には22億6800万米ドルに達すると予測されています。同市場は、構造、タイプ、製品、垂直方向、アプリケーション、技術、地域別に分類されています。

BIPV分野が最も高いCAGRを記録

BIPVは、ペロブスカイト太陽電池ベースのPVモジュールと建物の外壁を統合したものです。これらのPVモジュールは、従来の建築外装材の表材の代わりとして機能しつつ、発電を行うという2つの機能を果たすことが期待されています。従来の材料費が不要になり、太陽電池モジュールの増設コストやライフサイクルコストが低減され、住宅や商業施設にも設置することができます。

フレキシブルペロブスカイト太陽電池が高いCAGRを記録

フレキシブルペロブスカイト太陽電池は、2028年までの予測期間中に最も高いCAGRを記録すると予想されています。科学者たちは、常にペロブスカイト太陽電池の研究開発に取り組んでおり、太陽光を利用して20.7%の効率で電子を生成するフレキシブルなペロブスカイト太陽電池を開発しました。この太陽電池に使われている材料には、多孔質の平面電子輸送層があり、その電極とペロブスカイト層との相互作用を向上させ、太陽電池の性能を高めています。

北米市場で最大シェアを占める米国

米国のペロブスカイト太陽電池市場の成長は、主に太陽光発電モジュールやその他の再生可能技術の採用を促進する州や連邦政府の政策やプログラムによってもたらされています。これらの規制には、法律による義務付け(PVモジュールなどの再生可能エネルギーの設置)や、税額控除などの財政的な優遇措置が含まれます。さらに、ペロブスカイト太陽電池の効率を向上させるための技術開発に関連する研究開発活動も、米国における市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]