成形プラスチックの市場規模、2027年に6757億米ドル到達予測

成形プラスチックの市場規模は、2022年の4991億米ドルからCAGR6.2%で成長し、2027年には6757億米ドルに達すると予測されています。同市場は、素材の柔軟性、軽量性、高効率性への業界からの高い需要や、単回使用プラスチックからリサイクル可能なプラスチックへのシフトなど、さまざまな要因により牽引されています。さらに、インド、中国、ブラジルなど新興国からの需要の高まりが、成形プラスチック市場の成長を後押しすることが予想されます。市場は、タイプ、技術、用途、地域別に分類されています。

ポリプロピレンが市場第2の種類別セグメントに

種類別に、市場は、PP、PE、PVC、PET、PS、PU、その他に分類されています。ポリプロピレンは最も多く製品化されているポリマーであり、2番目に大きな市場シェアを占めています。また、他の樹脂に比べ、コストパフォーマンスが高く、摩擦係数が低く、強靭で耐薬品性に優れていることが、同セグメントの推進要因となっています。

技術別に射出成形セグメントが最大

技術別に、市場は、ブロー成形、射出成形、押出成形、回転成形に分類されます。射出成形技術は、溶融したプラスチックを金型に注入するものです。金型には部品を形成する空洞があり、キャビティと金型の残りの部分は、溶融プラスチックにより埋められます。ほとんどすべてのポリマーは、多用途な射出成形技術を使用して成形することができます。

用途別に、パッケージ業界が最も高い成長率を示す

用途別に、市場は、パッケージング、自動車・輸送、建設・インフラ、農業、医薬品、電子・電気、その他に分類されます。パッケージングは、市場で最も高いシェアを占めています。生分解性ポリマーへの嗜好が高まっていることが、パッケージング用途での成形プラスチックの需要を促進しています。

アジア太平洋市場は、最大かつ最速の成長を見せる

アジア太平洋市場は最大かつ最速の地域です。これは、同地域に発展途上国が存在することに起因しています。中国やインドでは工業化が進み、人口が増加しています。また、環境に対する意識が高まり、持続可能なプラスチックを使用するようになったことが、同地域の成形プラスチック市場の牽引役となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]