フィッシュポンプの市場規模、2027年に1億8600万米ドル到達予測

フィッシュポンプの市場規模は、2022年の1億2900万米ドルからCAGR7.6%で成長し、2027年には1億8600万米ドルに達すると予測されています。近年、多くの国で生活習慣病が大きな問題として認識されています。その結果、健康的な食品に対する消費者の意識が高まり、水産物とその製品の市場を活性化させています。高齢化社会の到来、平均寿命の伸び、慢性疾患の増加などが、食生活の変化をさらに促しています。

消費者は、栄養不足のリスクとその蔓延についてますます注目するようになっています。また、サプリメントついての知識が、魚介類の摂取を促し市場を促進しています。食生活との関連性から、人々はより健康的なサプリメントを選択するようになっています。アジア、ラテンアメリカ、アフリカなどの中間層の所得が増加しているため、消費者は健康的な食品の選択にお金をかけることができるようになっています。欧州やその他の地域でも、高齢者人口の増加により、栄養に対する意識が高まり、水産物の需要が促進されるものと思われます。

ポンプサイズ別に、2.5インチポンプが急成長

2.5インチポンプは、小さな魚介類を輸送するために使用されます。このサイズのポンプは軽量で、孵化場に最適です。孵化場は、水産養殖生物を繁殖させ、ライフサイクルの一部として飼育する施設です。商業用水産養殖養殖場、水族館取引、および魚の放流プログラムは、水産養殖孵化場に依存しています。例えば、FAIVRE社(フランス)のポンプは、40gまでの魚を扱うことができ、軽くて使いやすいものです。

人口の増加、経済的な豊かさ、急速な都市化などにより、世界の食料需要は飛躍的に伸びています。世界中の人々の食生活に必要とされる魚は、将来の食料安全保障に欠かせない存在です。また、発展途上国の人々にとっても重要な栄養源となっています。水産養殖は魚の生産量の増加に貢献し、多くの人にとって最適な代替食料源として浮上しています。その結果、2.5インチポンプの重要性が増しています。

用途別に、水産養殖が最大のシェアを占める

水産養殖は産業漁業に代わる最良の方法と考えられており、世界の水産物供給を満たすと期待されています。しかし、持続可能性がこの業界の大きな課題となっています。この課題には、養殖場への持続可能な食材の供給、生息地の破壊、養殖のための貴重な淡水の使用などがあります。水産養殖の増加に伴い、孵化場などの用途が拡大することが予想されます。養殖業が確立されると、大量の魚を処理できるように、作業効率を高める高度な機器の需要が生まれます。このため、魚の移送をスムーズに行うため、魚介類の損失を抑えることができるスマートポンプの需要が高まると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]