ブルー水素市場、2030年に445億米ドル到達予測

水素の低炭素輸送用燃料としての可能性が認識されてから、長い年月が経ちました。ブルー水素市場には、二酸化炭素排出削減におけるその役割、燃料電池ベースの電気自動車の需要増加、水素ベースの経済へのシフトなど、いくつかの要因から有望な成長ポテンシャルが秘められています。ブルー水素市場は、CAGR11.9%で成長し、2030年には445億米ドルに達すると予測されています。同市場は、技術(SMR、ATR、POX)、エンドユーザー(石油精製、化学工業、発電、その他)、地域(欧州、アジア太平洋、北米、その他)別に分類されています。

技術別に、水蒸気メタン改質(SMR)が最速で成長

2021年のブルー水素市場では、水蒸気メタン改質(SMR)技術が最大シェアを占めました。SMRは、コストとエネルギー効率に優れた水素の製造方法で、原料であるメタンの入手が容易なため、一般的に使用されています。

エンドユーザー別に、石油精製所が最速で成長

石油精製所セグメントは、2022年から2030年にかけて最も高いCAGRで成長すると推定されます。この成長は、プラスチック生産、輸送、発電など、様々な用途での石油や天然ガスの需要増に起因するものです。

北米が最も成長率の高い地域

北米地域は、ブルー水素における最大市場であり、欧州地域がこれに次ぎます。北米地域の成長は、水素燃料電池を搭載した自動車の需要増と、米国とカナダにおける水素充填ステーション数の多さに起因しています。

ブルー水素市場は、Siemens(ドイツ)、Linde plc(アイルランド)、ENGIE(フランス)、Air Liquide(フランス)、Air Products(米国)など、少数の確立したプレーヤーによって支配されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]