ビデオ会議の市場規模、2027年に191億米ドル到達予測

ビデオ会議の市場規模は、2022年の106億米ドルからCAGR12.6%で成長し、2027年には191億米ドルに達すると予測されています。ビデオ会議ソリューションは、顧客との交流、ブランド認知、マーケティング施策の強化のために、世界中の企業で採用されています。企業は、ビデオ会議を利用することで、より多くの人々に接触し、より効果的にコミュニケーションを図り、迅速にマーケティング活動を行うことができます。ビデオ会議ソリューションは、顧客とのつながりを深め、企業との関係を改善することで、顧客エンゲージメントを向上させるのに役立ちます。同市場は、コンポーネント、アプリケーション、展開モード、業種、地域別に分類されています。

Microsoft、Huawei、Cisco, Adobe、Zoom Video Communicationなどの主要参加者は、市場シェアを高めるために、買収、新製品の発売、製品の強化、事業の拡大など、数多くの成長戦略を採用しています。

導入形態別に、クラウド型が市場を牽引

クラウドベースのビデオ会議システムは、オンプレミスのソリューションと比較して低コストであることから、その普及が予測されます。クラウドベースのビデオ会議ソリューションを活用することで、企業は変化するビジネス環境に適応するために必要な柔軟性を得ることができます。中小企業や大企業がクラウドベースのビデオ会議ソリューションを導入すれば、ITの手続きよりも自社の中核的な機能に集中することができます。クラウドベースのビデオ会議システムは、2027年までに最大規模に成長することが予測できます。

業種別に、ヘルスケア・ライフサイエンス分野が高いCAGRを記録

ヘルスケア・ライフサイエンス分野では、臨床、管理、財務など、さまざまな内容を日々扱っています。そのため、ビデオ会議ソリューションを利用することで、正しい臨床情報の集約やコンテンツの洞察のチャネル化が可能になります。業種別には、ヘルスケアおよびライフサイエンス分野が2027年まで最も高いCAGRを記録すると予測されます。

アジア太平洋地域は最高のCAGRを記録

アジア太平洋市場は、2027年まで最も高いCAGRを記録すると予測されています。この地域の政府によるさまざまな取り組みが、地域におけるビデオ会議ソリューションの採用を促進する主な要因となっています。IBM、Microsoft、Google、Adobe、Ciscoなど、専門性の高い製品を提供する企業が存在するため、アジア太平洋地域のビデオ会議エコシステムは非常に競争が激しくなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]