菌根菌ベースのバイオ肥料の市場規模、2027年に10億8700万米ドル到達予測

菌根菌ベースのバイオ肥料の市場規模は、2022年から2027年にかけて14.3%のCAGRで成長し、2027年には10億8700万米ドルに達すると予測されています。増え続ける人口による食糧需要、持続可能な農業開発の必要性、土壌侵食、富栄養化などに対応し、土壌肥沃度を維持し作物収量を高めるために、農家による菌根菌バイオ肥料の利用が促進されています。菌根菌によるバイオ肥料処理は、化学肥料、特にリン肥料の30%削減をもたらします。菌根菌は、植物や根と共生関係を形成し、作物に必要な栄養素を供給し、植物の成長と発達をサポートすることで、生産量を増加させる有用な菌類です。

有機食品生産における高い需要

有機食品市場は10年前から盛んになり、それ以降、拡大し続けています。FiBLによると、2019年のオーガニック食品・飲料の売上は1047億2000万米ドルを超えました。最大市場は米国で(42%)、次いで欧州連合(409億米ドル、39%)、中国(84億米ドル、8.0%)でした。合成化学物質の食品生産への悪影響から、近年、有機食品生産に注目が集まっています。有機食品ビジネスは、この需要の拡大に伴う技術革新も、まだ本格的な発展には至っていません。有機食品は従来のものよりコストが高いかもしれませんが、その健康上のメリットと比較すると、無機食品との価格差はごくわずかで、不必要な農薬や肥料の摂取から体を守ることができます。長期的に見れば、健康被害や医療費負担の可能性をより低くすることができるのです。有機農業は、菌根菌ベースのバイオ肥料を広範囲に使用し、有機農地と有機食品市場の増加により、菌根菌ベースのバイオ肥料市場は指数関数的に拡大することが予測されます。

アジア太平洋市場は、大幅な成長が予測される

中国、インド、オーストラリア&ニュージーランド、日本などのアジア太平洋諸国における菌根菌ベースのバイオ肥料の成長は、科学的な裏付けのある、先進的な農業慣行の採用により、2027年までは潜在的であると考えられます。アジア太平洋地域の菌根菌バイオ肥料市場は、多国籍企業と、栽培作物用のバイオ肥料を生産する多数の小規模メーカーの間で断片化されています。一方、バイオ肥料の適用を奨励することに焦点を当てた政府の政策が、この地域の市場成長を後押ししています。2021年、中国では雲南省国家発展が、肥料、基礎化学材料、石炭加工、合金鉄精錬産業のエネルギー消費に基づく使用制限に関する政策を発表しました。雲南省はリン鉱石の主要生産地であり、この新政策により、消費者は代替品として湿式リン酸に移行する必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]